芸能

紅白出演はゴールではない!YUI、茂森あゆみ…歴史に消えた出場者たち

20151203yui

 12月を迎え、待ちわびるファンの気分も高まってきた紅白歌合戦。今年も大原櫻子やSuperfly、星野源やゲスの極み乙女。といった面々が初出場を果たした。だが過去65回を数える歴史の中では、紅白に出場しながらもその後、表舞台から姿を消した例は数えきれない。

 そんな“消えた紅白歌手”には、現在も別の分野で前向きな生き方を歩んでいるケースもある。芸能ライターが教えてくれた。

「顕著な例は1982年に出場した三原順子(じゅん子)。なにしろ今や自民党の参議院議員ですからね。同じくアイドルで1985年出場の石川秀美は、“花の82年組”の同期であるシブがき隊・薬丸裕英と結婚し、5人の子宝に恵まれています。うたのおねえさん出身で1999年出場の茂森あゆみは2児の母となり、現在はクラシックを中心に音楽活動を続けていますね」

 一方で、不運な病に侵されたり、道を踏み誤ってしまった出場者も少なくない。

「1982年出場のSugarは、リーダーのモーリが妊娠中の病気が原因で亡くなりました。小室哲哉率いるglobeで計3回出場したKEIKOは、2011年にクモ膜下出血で倒れ、現在もリハビリ中。『碧いうさぎ』が100万枚弱の大ヒットとなり、1995年に出場した酒井法子が、薬物で有罪判決を受けたことはご存知の通りです。また、12年にはYUIが活動中止を前提にした初出場。昨年にはパニック障害を告白しましたが、今年8月に双子を出産しています」(前出・芸能ライター)

 発売中の「アサ芸シークレットVol.37」では、ここにあげたアーティスト以外にも、中森明菜、mihimaruGT、大塚愛、青山テルマ、植村花菜など全50組のその後を取り上げた特集「消えた紅白歌合戦の歌姫50人」を掲載。現在は別の仕事で活躍する者や、事情により当時の映像すら使えない者など、こんな歌手もいたなと昔話に花を咲かせてみても楽しいのでは。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”