芸能

ももクロの「紅白卒業宣言」がモノノフをも怒らせてしまった3つの裏切り

20151205momokro

 ももいろクローバーZが、今年の「NHK紅白歌合戦」の出場アーティストに漏れたことから、公式ホームページにて「紅白卒業宣言」を掲げて大きな話題になっている。同サイトには「ももいろクローバーZは紅白歌合戦を卒業します。ありがとうございました」と書かれたわけだが、プロデューサーの川上アキラ氏は「みんなで考えた総意」であると説明している。

 同じく紅白落選組である、きゃりーぱみゅぱみゅやHKT48の指原莉乃なども涙を流したことを打ち明けるなど悲しみの報告している中、この負け惜しみともとれる発言に、世間からは「落選したからってこの物言いはないな」「実にダサすぎる」というバッシングの声が上がったことは、多くの人がご存じだろう。

 しかし、今回の発言についてはアンチやももクロに無関心な層だけが拒否反応を示しているのではない。じつは最も怒りを露わにしているのは、ももクロのファンであるモノノフたちだ。彼らは「紅白卒業宣言」にはまったく納得していない。

「彼らが怒っている原因は大きく分けて3つ。1つ目は元ももクロメンバーで現在は女優としての道を歩む早見あかりとの間に交わされた『6人での紅白歌合戦の共演』という約束を破る形になってしまったこと。早見は審査員として、ももクロは歌手として紅白で共演することを夢見ていました。2つ目に昨年の紅白ではメンバーの有安杏果がインフルエンザで出場することができなかったため、『来年こそ5人で』と意気込んでいたはずでは? という圧倒的な疑問。いずれも忘れられない誓いだと信じて、モノノフたちは見守ってきましたが、それを軽視して卒業という言葉をあっさり使ってしまったことに激怒しているようです」(アイドル誌ライター)

 そして、一番大きな要因についてこう続ける。

「根本的な話ですが、あまりにも説明不足で唐突に卒業宣言に踏み切ってしまったこと。さきほど上げた2点についての釈明もない上に、肝心のメンバーの声よりも先に早とちっての報告でした。メンバーたちの率直な気持ちを聞いて多少は怒りを鎮めたというモノノフもいましたが、紅白卒業宣言のイメージが強すぎて素直にメンバーたちの声が伝わってこないのが世間のイメージダウンに繋がると大いに危惧しているようです。玉井詩織はブログにて『紅白は卒業。でもまだ私たちには果たせていない約束もあるから、それは絶対叶えに行くからね』と話していますし、運営に無理やり合わせていながら、メンバーたちも釈然としていない発言にやはり不安はぬぐえないままのようですね」

 今回の卒業宣言の真意については改めて説明が必要になってきそうだ。

(松本盛太)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場