芸能

宮根誠司、“号泣”お天気お姉さんへの茶化し発言は「小学生のいじめレベル」

20151208miyane

 NHK山形放送局「ニュースやまがた6時」でお天気キャスターを担当している気象予報士の岡田みはる(39)が、1日の生放送中に突然泣きだすという出来事が起こった。しかも、翌2日の生放送は欠席したことで“何があったのか?”と、心配する声が上がった。

 そんな中、日本テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」でもこの話題を取り上げたのだが、その際、宮根誠司の言動が視聴者から「お天気お姉さんを茶化しまくった」と反発を買い、ネット上で炎上状態になってしまったのだ。

 番組で宮根は、半笑いにも見える表情でこの話題に触れ、岡田キャスターが番組中どのように泣きだしたか、その様子を真似て見せたのだ。さらに「これだから女はね」「NHKのミスほどおいしいものはない」といった発言も飛び出した。

 これに対し視聴者からは「これはひどいね。 完全に馬鹿にしてる」「普通にいじめだよね 女子の泣き真似とか男子小学生か」「デリカシーの欠片もない」「いい歳したオッサンが子供じみたまねをするなよ」など宮根に対する怒りが噴出している。

 芸能ジャーナリストも「これは宮根の失態」と話す。

「視聴者から指摘されているように大人気ないというか、小学生のイジメっ子レベルの行動ですね。お天気キャスターはいわば同業者。それなのに涙の真相をおもんばかるでもなく茶化すような態度は、非難されても仕方ない。まぁ、宮根本人が本番中にスタッフに対して声を荒げることもありますから“プロとして泣く方が悪い”とでも思っていたのではないでしょうか」

 宮根には、人のミスを笑うより、自身の言動を反省してほしいものだ。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋