芸能

失礼さが神レベル!藤田ニコル、黒柳徹子を「徹ぽよ」呼ばわりし視聴者が絶句

20151225fujita

“新おバカ女王”として今年ブレイクしたタレント・藤田ニコルが24日に放送された「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演。トークで数多の著名人たちを撃沈させてきた芸能界の重鎮・黒柳徹子と相対したのだが、歴史に残る名勝負を繰り広げた。

 藤田といえば、タメ口が当たり前のおバカタレントだが、黒柳を前にしてもその物怖じしない発言力は健在。

「黒柳が相手でもタメ口を貫き通して、あげく『徹ぽよ』というあだ名を序盤でつけていました。次第に距離が縮まってくると『徹ぽよちゃん』と親しげに呼んでいましたし、トークでは黒柳の初キスの時期を聞き出すという快挙。21歳ぐらいと答えた黒柳に対して『じゃあ私のほうが早い! 中学1年ぐらい』と自慢げに語っていました。さらには番組終了の音楽が流れ始めると、藤田は『終わっちゃう、やだ! まだ話したい! 延期しよ、延期!』と訴えていた。難攻不落とも言われた黒柳とこれだけ渡り合えたタレントは久しぶりに見ましたよ」(テレビ誌ライター)

 焦りのあまり、延長を延期と言ったのが、そもそも言葉を知らなかったのかわからないが、視聴者からは業界の大御所に対しての態度に「失礼過ぎる!」という声ももちろんあったが、むしろ少数。それ以上に珍しく藤田を称賛する声が大半を占めた。前出のテレビ誌ライターはこう続ける。

「黒柳が気分を害していたとしたら問題ですが、黒柳もかなり楽しそうにトークをしていた。孫のように可愛かったのかもしれませんが、あのはっちゃけタメ口トークに自分をハメることができる黒柳もさすが! 視聴者もまさかの大満足だったようです」

「この番組でこれだけ“個”を出せてるヤツは初めて見た」「失礼さもここまで来ると神レベル。拍手を送りたくなる」「ローラを超える天才」など、まさに“逆炎上”ともいうべき絶賛の嵐がその証拠だ。

 我が道を行く藤田のスタイルが気に食わないという視聴者もかなり多いようだが、そのブレないスタイルに見方が徐々に変わりつつあるようだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった