芸能

失礼さが神レベル!藤田ニコル、黒柳徹子を「徹ぽよ」呼ばわりし視聴者が絶句

20151225fujita

“新おバカ女王”として今年ブレイクしたタレント・藤田ニコルが24日に放送された「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演。トークで数多の著名人たちを撃沈させてきた芸能界の重鎮・黒柳徹子と相対したのだが、歴史に残る名勝負を繰り広げた。

 藤田といえば、タメ口が当たり前のおバカタレントだが、黒柳を前にしてもその物怖じしない発言力は健在。

「黒柳が相手でもタメ口を貫き通して、あげく『徹ぽよ』というあだ名を序盤でつけていました。次第に距離が縮まってくると『徹ぽよちゃん』と親しげに呼んでいましたし、トークでは黒柳の初キスの時期を聞き出すという快挙。21歳ぐらいと答えた黒柳に対して『じゃあ私のほうが早い! 中学1年ぐらい』と自慢げに語っていました。さらには番組終了の音楽が流れ始めると、藤田は『終わっちゃう、やだ! まだ話したい! 延期しよ、延期!』と訴えていた。難攻不落とも言われた黒柳とこれだけ渡り合えたタレントは久しぶりに見ましたよ」(テレビ誌ライター)

 焦りのあまり、延長を延期と言ったのが、そもそも言葉を知らなかったのかわからないが、視聴者からは業界の大御所に対しての態度に「失礼過ぎる!」という声ももちろんあったが、むしろ少数。それ以上に珍しく藤田を称賛する声が大半を占めた。前出のテレビ誌ライターはこう続ける。

「黒柳が気分を害していたとしたら問題ですが、黒柳もかなり楽しそうにトークをしていた。孫のように可愛かったのかもしれませんが、あのはっちゃけタメ口トークに自分をハメることができる黒柳もさすが! 視聴者もまさかの大満足だったようです」

「この番組でこれだけ“個”を出せてるヤツは初めて見た」「失礼さもここまで来ると神レベル。拍手を送りたくなる」「ローラを超える天才」など、まさに“逆炎上”ともいうべき絶賛の嵐がその証拠だ。

 我が道を行く藤田のスタイルが気に食わないという視聴者もかなり多いようだが、そのブレないスタイルに見方が徐々に変わりつつあるようだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス