スポーツ

天才テリー伊藤対談「高野人母美」(2)嫌いじゃない人を殴るのって平気?

20160121l

テリー そもそもモデルだった高野さんが、どうしてボクシングを始めたの?

高野 22歳の時にモデルの友達に誘われて、試合を観に行ったのがきっかけですね。15歳の時からやっていたキックボクシングはただの趣味で、プロになるつもりも、試合を観に行ったことも一度もなかったんですけど。

テリー へぇ、そんなにすごい試合だったんだ?

高野 というか、リング上で戦っている選手がピュアに見えたんですよね。山上ボクシングジムの天笠尚選手の試合だったんですけど、すごくカッコよくて、衝撃を受けて。「私もあんなふうになりたい!」って次の日に山上ボクシングジムに入門しました。

テリー そりゃ行動が早いな(笑)。高野さんみたいな美人が来たら、ジムは大喜びだったでしょう。

高野 いや、男性しかいないジムですから、最初は相手にもされませんでした。

テリー ボクササイズみたいな気分で来たと思われたのかな?

高野 恐らく(笑)。会長には「どうせ1週間ぐらいですぐに来なくなるから」って言われてたのが悔しくて、毎日片道1時間半かけて通ってました。

テリー なるほど。そしたら「おっ、こいつ、意外と頑張るな」と認めてくれたんだ。

高野 でしょうね。行けない時があると、ジムから「どうしたんだ、やめたのか?」って連絡が来るようになって(笑)。そうやって、少しずつ認めてもらった感じです。

テリー それで約3年前にライセンスを取ってプロになったと。実際リングに上がってみて、どうだった?

高野 無我夢中だったから覚えてないですけど、「女なんかやめろ!」みたいなヤジは多かったですね。何か遊び半分にやってるように見えたみたいで。

テリー ああ、高野さんの場合はモデルという肩書があるから、よけいにそう思われたのかもしれないね。

高野 お客さんには、選手が試合までにどれだけの努力をしたかは見えないですからね。もちろん選手も、自分から「こんなに努力しました」とは言わないし。

テリー そりゃそうだ。

高野 だから、試合で結果を出せなければ、ヤジられてもしかたないとは思っています。

テリー 俺が高野さんを知ったのも“モデル兼プロボクサー”という肩書があったからこそなんだけれども、そんな感じでボクシングの実力とは違うところで注目されると、困ることも多かったんじゃないの? 相手も、いつもより気合いを入れてくるだろうし。

高野 その点、ジムは気にしていたかもしれないけど、私は気にならなかったですね。周りの状況とか対戦相手はあんまり関係なくて、今自分ができることを一生懸命やろうといつも思ってましたから。あと、相手がやる気になってくれるのは、いいことですし。

テリー 俺、前から不思議に思ってるんですけど、ボクシングって嫌いでもない相手を殴るじゃないですか? あれって平気なもんなんですか?

高野 いえ、殴れないものですよ(笑)。

テリー あ、やっぱりそうか! ゴングが鳴ったからって、嫌いでもないヤツをいきなり殴れないよな。

高野 そうですよ。ジムの人って「相手を殺すつもりで行け!」とか言うんですけど、そんな簡単に「殺せ」って‥‥。

テリー さっきまで握手してたのにな。

高野 そうそう! そういう闘争心というか心の切り替えができないところが、自分に足りない部分だと理解してはいるんですが。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!