芸能

田宮二郎の妻“没後38年目の初激白”(7)「家族に“貧乏”という思いだけはさせたくない」

20160128f

 ベッキーのスキャンダル、SMAP解散など、衝撃の芸能ニュースが相次いでいる。それでも、今から38年前に起きた「田宮二郎」の事件こそは、戦後の芸能史において特筆すべき出来事ではなかったか‥‥。夫の死から沈黙を続けた未亡人が初めて語る「最期の真実」が今、ここに最終章を迎える──。

〈富士山の光が目の前一杯に拡がってゆきます。生まれて初めて、胸が躍った僕の心を幸子は察してくれたのだろう。いくつかの難問をのり越えて、2人は神前に夫婦の絆を誓い合った。今も僕は倖せ一杯だ〉

 78年12月28日、自宅寝室で猟銃を引き抜き、43歳の生涯を終えた田宮二郎の遺書の書き出しである。この時点で主演の財前五郎を演じた「白い巨塔」(フジテレビ)の放映を2話残しており、劇中の「手術不能のガン死」とシンクロする自らの死は、年の瀬の日本列島を震撼させた。

 主役没後にドラマを放映できるのかどうか議論になったが、フジは「ご冥福をお祈りします」のテロップを入れることで乗り切り、最終回は31.4%もの高視聴率を記録。豪華俳優陣や重厚な脚本も加わり、今なお日本のドラマ史における金字塔とされる。

 それでも、と元女優・藤由紀子こと幸子夫人(73)は言う。

「最後に『白い巨塔』をやっていなければ、田宮はあのような形で死ぬことはなかったと思います。ボクシングに例えるなら、とっくにタオルを投げ入れているのに、それでも12ラウンドを戦い切った。そして今でも名作として観ていただけているのであれば、遺族としては大きな慰めになります」

 タオルを投げ入れたのは、心身ともにすり減らした田宮に対してだけではない。幸子夫人もまた、豹変した田宮との生活に打ちのめされていた。

 異変が始まったのは死の2年前、76年頃のこと。これまで家族に声を荒げることのなかった田宮が、ささいなことで激高するようになった。さらに、田宮家に得体の知れない者たちが出入りする。田宮に「M資金」を吹き込む者や、「トンガのウラン採掘権」などをささやく者──、

「まともな状態であれば、田宮もそうした話に乗ることはなかったと思う。精神が壊れていく過程にあって、ありもしない詐欺話にのめり込んでいったんです」

 田宮は大映・永田雅一社長との衝突から映画界を干された時期があった。テレビドラマにも出演することが許されず、司会者や歌の営業をすることで糊口をしのいだ。妻と、2人の幼い息子に「貧乏」という思いだけはさせたくない‥‥。そんな責任感が田宮を休む間もない仕事に追い立て、そして、崩壊に至ってゆく。

「大映にいた頃も、結核が再発して、ペニシリン注射を打ちながら撮影を続けたこともありました」

 幸子夫人は「田宮企画」の代表として、長期休業を決断。それでも、夫人のあずかり知らぬところで「白い巨塔」が動き出し、休むことがかなわなくなった。

 田宮も休養の必要性は感じながら、それができなかったと遺書に綴っている。

〈僕は結婚以来、がむしゃらに働いた。経済的に誰にも不安を与えたくなかったから。本当は素朴なあたたかい生き方もある筈なのに、それを知りながら、働くことしか生き甲斐を知らない人間になって行った〉

 気づくのが、遅かったのだ‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場