芸能

ニッポンの“CMシンデレラ”50年の名場面(5)「荒木由美子・メリットシャンプー(1977年)」

20160218p

 榊原郁恵とともに、第1回の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でデビュー。健康的な郁恵に対し、荒木由美子(56)は、しっとりとした魅力を打ち出した。

 77年6月、阿木燿子・宇崎竜童の手による「渚でクロス」で歌手デビュー。実は、CMのほうがそれより早かった。

「76年の8月にオーディションに受かって、10月にはコマーシャルを撮っているんです。それが花王の『メリットシャンプー』と、SEIKOの腕時計『ジョイフル』でした」

「メリット」は、それまで外国人モデルが務めていて、日本人としては初代になる。シャンプーのシェアで一、二を争う人気商品であり、テレビだけでなく、映画の合間にもCMが流れた。 

 83年に結婚する湯原昌幸も、荒木をCMの印象で見ていた一人。

「初めて会った時に、『キミ、シャンプーの子だよね』と言われました。映画館の大画面からも流れる『もう、フケなしね』のフレーズが記憶に残ったみたいです」

 真ん中から分けたつややかな黒髪は、新人ながら、適役に違いなかった。ところが、意外な事実を荒木は口にする。

「実は私の髪って、少し茶色がかっていたんですよ。だからCM撮影の前の日に黒く染めるのがノルマだったんです」

 そのための準備もそうだが、当時のアイドル歌手は寝る間もないほどのハードなスケジュール。CM撮影の合間に、強烈なライトが心地よくて眠りそうになることが何度もあったのだとか。

 また同期の郁恵とは同じホリプロの寮に住んでいたが、お互いが多忙なため、顔を合わせることは少なかったという。

 同じ年に同じ事務所からデビューした2人は、徹底的にイメージ戦略の差別化を図った。

「例えば水着でも、郁恵ちゃんは太い柄の健康的なワンピース。ところが、同い年なのに私は黒の水着で、ヒモ1本だけみたいな大人っぽい路線でした。水着になる機会は多かったけど、CMでやるのはイヤだった記憶があります」

 2人の仲はよかったが、それぞれのスタッフはライバル意識が強かったようだ。

 やがて荒木は83年に結婚と同時に芸能界を一時引退。専業主婦として義母の介護や子育てに追われるが、デビューCMの花王から「もう一度出てほしい」との話が舞い込む。

「すでにホリプロを退社していたので、同じ『荒木由美子』の名で出ていいものかどうか聞いたんです。そしたら『やりなさい』と送り出してくれました」

 新妻らしさを生かした「ファミリーフレッシュ」に、湯原との夫婦共演である「トイレクイックル」と、花王とは30年以上のつきあいになった。

 また荒木自身も本格的に復帰し、介護経験を生かした講演活動などで多忙な日々を送っている。

「思えばレコードよりも花王とSEIKOのCMのほうが先だったので、2社共同で後援していただいたデビュー発表会で、レコードをすごくたくさん買っていただいたんです。そうした縁も含めて、アイドル時代には楽しい思い出しかないですね」

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ