芸能

有働由美子 イケメン俳優を前に抑えきれなかった47歳の欲求とは?

20160414c

 朝の生放送中に、イケメンを前にして有働由美子アナ(47)の抑えきれなかった「欲求」が大爆発!! スタジオで起きた衝撃現場の様子をお伝えします。

 視聴者をアゼンとさせる「事件」が起きたのは、3月25日に放送された情報番組「あさイチ」(NHK)でのことだった。

 この日のゲストは、連続テレビ小説「あさが来た」に出演している俳優の玉木宏(36)。主人公・白岡あさの夫・新次郎を演じて女性視聴者をトリコにしている。

 番組オープニングは、司会者の有働アナ、井ノ原快彦(39)と一緒に、番組前に放送されている「あさが来た」を視聴するところから始まった。

 この日の放送回は、波瑠(24)が演じるあさの義兄・惣兵衛(柄本佑)が家族に見守られながら息を引き取るという内容だった。

「3人で今日は朝ドラを見ていたわけですけども」

 悲しいドラマの展開に静かな口調で井ノ原が切り出すと、有働アナもこらえきれずに涙を流しながら言う。

「惣兵衛さんと最後にいいお話をされて‥‥」

 有働アナに話を振られ、出演作について玉木が語りだす。

「そうですね。若い時とは違う、すごく穏やかな。でも、どこか2人とも人生の終わりを迎え入れる、受け入れるような。すごく柔らかい時間だったような気がします」

 体の芯に響く低音のセクシーボイスに井ノ原が、

「やっぱり、いい声だね~」

 と玉木をほめる。すると、有働アナがそのコメントに割り込み、我慢ができなかったのか、思わず“本音”を漏らした。

「この声を聞いていると、本当にイッちゃいそうに‥‥」

 玉木を見つめながら左手で口を押さえ、下半身から“涙”がこぼれないように力を入れてグッとふんばった。

 朝からまさかの衝撃発言にスタジオが騒然とする中、知らぬ間に熟女アナを興奮させていた玉木は、

「な、何を言う、何を‥‥」

 と苦笑いを浮かべて戸惑うばかり。井ノ原もぽかーんとした表情で、こう質問をした。

「どこにイッちゃうの?」

 そこでようやく自分の発言の“意味”に気がついた有働アナは、

「て、天国に‥‥」

 と慌てて誤魔化すのだった──。

「47歳の性欲」を抑えきれなかった有働アナだが、仕事での不満も噴出しているようだ。NHK関係者が明かす。

「2月2日に、4月からリニューアルされた『クローズアップ現代+(プラス)』の新キャスターが発表されました。久保田祐佳(33)や杉浦友紀(32)ら7人の女性アナウンサーが交代制で務めることになったのですが、そこに有働の名前がなかったのです。それに納得がいかなかったようで、局の幹部に起用されなかった理由を尋ねたら、『キミは管理職の立場なんだから、(番組のことを)もっと考えなさい』と諭されたそうです」

 その後、番組制作スタッフの間からは、

「7人のキャスターはキレイどころをそろえたんだけど」

 という皮肉まで飛び出した。それでも次なるアピールに向けて、生活改善を始めている。

「最近は『油断するとおなかが出てしまう』そうで、飲みに誘っても断られることが多くなりました。紅白で見せたスタイルを維持するため、スポーツジムに週3日くらい通っているそうです」(前出・NHK関係者)

 薄着に衣がえする時期に向けて、シェイプアップを開始した有働アナ。衣装からも目が離せないっ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?