芸能

中谷美紀 舞台「猟銃」で見せた女優魂あふれる1人芝居

20160421f

 数多くの映画で妖艶な肢体を披露してきた中谷美紀(40)。「濡れ場の第一人者」とも評される彼女が挑んだ1人芝居は、息を飲むシーンにあふれていたのだった。

 真紅のワンピースをまとい、1人立ち尽くす中谷。暗闇の中、ライトアップされると、パックリと開いた胸元、そして豊満バストの谷間が目に飛び込んできた。ブツブツつぶやきながら右往左往すると突然横たわり、手を胸、下腹部、太腿、脚へとはわせ、悶えだす。口から出てくるのは、自分に関心を寄せない男への壮絶なる思いだ。

 しだいに体のうずきをガマンできなくなったのか、あおむけのまま体をなまめかしくくねらせると、みずからの胸を激しく揉みしだいた。やがてワンピースの裾はめくれ、スラッとした美脚があらわに。そして揉みしだいた胸がワンピースからこぼれ落ちそうになると、客席からは息を飲む音が聞こえるのだった──。

 中谷がこんな体当たりの演技を見せたのは、舞台「猟銃」(4月2日~24日、東京・渋谷パルコ劇場ほか)。作家・井上靖氏が描いた同名の短編小説が原作だ。1人の男性に宛てて送った3人の女性の手紙をもとに、おのおのの胸中が明かされる恋愛ストーリーである。中谷は男の妻・みどり、みどりの従姉で男と不倫関係にある彩子、彩子の娘である薔子の3役を、90分間休む間もなく、1人で演じるのだ。冒頭の身悶えシーンは、みどりの心中を表現したものだった。

 中谷の動きはさらに激しさを増していく。夫の不倫を激白するシーンでは、髪の毛をかきむしり、ヘッドバンギングのごとく、頭を前後に激しく振り、揺さぶった。すると、その動きに合わせてバストが縦横無尽に暴れ回り、ワンピースを突き破りそうに。

 13年に及ぶ夫の不貞行為に対する胸中をブチまけると、中谷は放心。無言で客席に背を向け、ワンピースの肩ヒモを片方ずつスルリ‥‥。ワンピースが床にストンと落ちた瞬間、現れたのは、さらに色っぽい白いキャミソールだった。

 キャミソール越しに浮かび上がる、中谷の熟した腰や尻のライン。実に官能的で、迫り来る色香にツバを飲み込んでしまうほどだ。

 正座しながら髪を整えていた中谷が結い終わると、突如、舞台が薄暗くなる。次の瞬間、中谷は立ち上がるとキャミソールを一気に脱ぎ去り、裸になろうとする。さながら「公開ナマ着替えショー」だ。と同時に舞台の照明が落ち、中谷の姿は見えなくなっていった。

 舞台関係者が中谷の様子を明かす。

「上演が終わると楽屋の椅子に座り、『ハァ、ハァ‥‥』と荒い息を上げていたそです。それがまた官能的で、まるで絶頂に達したかのように、しばらくの間、立ち上がれなかったと‥‥」

 あふれる女優魂を見せつけ、体当たり舞台に打ち込む背景には、03年から交際しながら、昨年、渡部篤郎(47)と破局したこともあったようで、

「サバサバした性格なので、すでに気持ちは切り替えているようです。新たなオトコの存在もなく、親しい関係者には『私、1人になっちゃったから、働いて家賃を払わなくちゃいけないの』と冗談ぽく語っているようです」(芸能プロ関係者)

 そんな仕事モード全開のための「根回し」なのか、

「公演のない複数の劇場には、高級水素水のケースを贈っています。仕事をくれということですかね(笑)。今回よりもっと過激な原案がないか、関係者が色めきたっています」(劇場関係者)

 過激ストーリー、大歓迎である‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「水着姿でヨガポーズも披露」内田恭子の「Dバスト」がフジ時代以上になっている!
4
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕
5
ついに決定!タレント2人はクビか否か「バス旅Z」をめぐる大予想の結果は…