芸能

天才テリー伊藤対談「ケント・ギルバート」(1)日本に来て本当の愛国心を理解した

20160428k

●ゲスト:ケント・ギルバート(けんと・ぎるばーと) 1952年、米アイダホ州生まれ。71年、大学在学中にモルモン教の宣教師として初来日。80年、国際法律事務所に就職。企業に関する法律コンサルタントとして再び来日する。本業のかたわら、83年、「世界まるごとHOWマッチ」(TBS系)に出演。その後、ドラマ、バラエティ番組、CMなどでマルチタレントとして活躍。最近は日本社会や日米関係などについて執筆、講演活動を行っている。昨年発売された「まだGHQの洗脳に縛られている日本人」(PHP研究所)は6万部を超える大ヒットに。今年2月には「危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告」(産経新聞出版)、「やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人」(PHP研究所)を出版。現在、「夕刊フジ」で「ニッポンの新常識」を連載中。

 弁護士として来日後、外国人タレント、またコメンテーターとして活躍中のケント・ギルバート。最近では憲法9条ほか、日本が抱えるさまざまな問題にズバリ切り込む論客として、大きな注目を浴びている。日本が歩むべき道を巡り、天才テリー、今回は真面目に語ります!

テリー 僕、ケントさんの書かれた本、けっこう読んでまして、一度お話ししてみたかったんですよ。

ケント すみません、堅い本ばっかりなのに(笑)。僕も昔からテリーさんとお話ししたいと思っていましたので、今回呼んでいただいて光栄です。

テリー まず気になったのは、なぜアメリカ人であるケントさんがこんなに日本という国を愛してくれることになったかなんですよ。

ケント 直接のきっかけは朝日新聞が従軍慰安婦に関する報道が虚偽であったことを認めたことです。それが日本の国益をどれだけ損なうことになったかを考えた時に、「なぜこんな日本になったのかな?」と疑問に思って調べたところ、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」にブチ当たったんですよ。

テリー GHQが、戦争に対する罪悪感を日本人に刷り込むために実施したとされる、マインドコントロール政策ですね。

ケント 僕はそんなこと、全然知らなかった。でも、日本は今もそれを引きずってるんですよ。

テリー 僕も当然、戦後生まれなんですけど、戦後の日本人の意識は、それこそGHQの洗脳によって作られてきたということですね。しかも巧みに、日本人が最初から「これこそが民主主義だ」と認識していたように持っていった。

ケント そうです。そこが問題なんですね。

テリー 確かに、いつの間にか日本人は「愛国心」というものを持てなくなってしまったような気がしますね。例えばアメリカだと、それこそ星条旗がいろんなところに飾られていますけど、日本の住宅地ではほとんど日の丸が飾られているのを見たことがない。

ケント 占領中は基本、日の丸を掲揚できませんでしたし、さらに教育現場においては、ずっと日教組が「日の丸を出すことは軍国主義の象徴」と教育をしてきた。まぁ、そういうふうにしむけていったのはアメリカなんですけどね。

テリー さすがにオリンピックの時くらいは日本人も日の丸を意識するけど、ふだん、日の丸のステッカーを車に貼っちゃうと、パッと見「右翼かな?」って。

ケント ハハハ、思われますね。アメリカでの愛国心は、もっと宗教みたいに「絶対の存在」です。だから僕は、日本に来てやっと本当の愛国心というものを理解した感じがするんです。でも、日本では愛国=右翼とつながってしまう。

テリー アメリカは愛国心の存在が重すぎて、逆に日本はなさすぎる、みたいな感じかな。

ケント そうです。もっと自分の国に誇りを持ってもいいじゃないですか。僕も40年ぐらい住んでいますけど、本当にいい国ですから。だけど、その気持ちを表現してはいけない雰囲気になってるのは残念です。

テリー やっぱり、それを主張している、右翼を名乗る人たちのイメージや行動に問題がある部分も大きいよね。もっとソフトにやらないと、一般の人が「そうだ」と言えないですよ。

ケント まぁ、言論の自由があるから基本、何を言ってもいいんですけど、僕も迷惑な行為だけはやめてほしいと思いますね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大食い王準優勝の「魔女菅原」が敗因を告白!マックス鈴木に負けた意外な理由
2
「テセウスの船」で見せた榮倉奈々の“ゾンビ”メイクが放送事故レベル?
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
石原さとみ、「綾瀬・深田連合」に“宣戦布告”で「ホリプロ三姉妹」激震のワケ!
5
青木愛、完璧ボディ披露で視聴者釘付けでも“浮いた話”が皆無のワケとは?