スポーツ

イチロー 筆頭株主だった任天堂が古巣・マリナーズの株売却で「メジャー監督就任計画」が消えた!

20160519c

 さぞイチロー(42)はショックだったに違いない。かつて所属したシアトル・マリナーズの筆頭株主だった任天堂が4月下旬、その保有株の大半を売却する方針を決めたのだ。古巣の異変が波紋のごとく、現在のイチローに多大な影響を及ぼすことになるとは‥‥。

 91年に経営が立ち行かなくなり身売りを検討していたマリナーズを、周囲の反対を押し切ってポンと約110億円を出して救ったのが当時、任天堂社長だった山内溥氏だった。以降、25年にわたってマリナーズの55%の株式を保有し、筆頭オーナーとして経営を支えてきたが、その山内氏が3年前に他界。任天堂本体の経営が右肩上がりではなくなった状況も手伝って、保有株を手放すことになった。メジャー関係者が言う。

「山内さんは現場にほとんどモノを言わぬオーナーとして有名でしたが、日本人選手に関してだけは別でした。イチローがポスティングでマリナーズに入団したのも山内さんの指令で、11年半プレーしたのも山内さんの意向。イチローはオフに帰国すると必ず山内さんのもとを挨拶に訪れていました。日本人初のクローザーとなった佐々木主浩氏(48)、日本人初のメジャー捕手となった城島健司氏(39)らの入団も、日本人が世界で活躍する場を提供したい、という山内さんの意向でした。その山内さんが生前に周囲に漏らしていたのが、メジャーで『イチロー監督』を誕生させるという悲願。しかし任天堂が筆頭オーナーではなくなったことで、その夢も消えました。00年以降、とだえたことがなかった日本人選手も今後、消えることになるでしょうね」

 今季、所属するマーリンズでほとんどスタメン出場機会のないイチローがメジャー通算3000安打を達成できない場合は来季、マリナーズが引き取り、3000安打を達成させようという計画もあったという。メジャー関係者が続ける。

「イチローにメジャーでプレーする力がなくなってきた場合、『50歳まで現役』を訴えるイチローの考えに沿う形で、マリナーズ傘下のマイナーチームで50歳までプレーイングマネージャーとして監督業経験を積ませ、その後、日本人初のメジャーリーグ監督に“昇格”させるというものです」

 実はオリックスが昨年オフ、イチローに兼任監督就任を打診した際、イチローは即座に断っている。宮内義彦オーナーに語ったとされるイチローの言葉は「監督に興味がない」というもの。だが正確には「日本のプロ野球の」監督に興味がないということなのだ。

 メジャーの監督は、ほとんどが監督として実績のある人、監督として複数球団を渡り歩いた人、マイナー傘下の監督あるいはコーチとして指導者経験を積んできた人が抜擢されるケースが多い。日本とは違い、あまり現役時代の実績は重要視されず、現役時代の言動を見ながら、指導者の資質のある人をGMが見極め、採用している。出身母体などの人脈も重要で、任天堂という後ろ盾を失ったイチローに、メジャー監督への道が開かれる可能性はきわめて低くなった。

「メジャー関係者の間では『イチローもメジャー監督への道を示されれば受けるでしょう』と言われていたんですが‥‥」(スポーツライター)

 現在、マリナーズでプレーする岩隈久志(35)、青木宣親(34)も、契約が切れた時点でチームを去ることが濃厚のようで、任天堂のマリナーズからの撤退は、今後も含めてメジャーでプレーする日本人選手に多大な影響を与えそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変