スポーツ

イチロー 筆頭株主だった任天堂が古巣・マリナーズの株売却で「メジャー監督就任計画」が消えた!

20160519c

 さぞイチロー(42)はショックだったに違いない。かつて所属したシアトル・マリナーズの筆頭株主だった任天堂が4月下旬、その保有株の大半を売却する方針を決めたのだ。古巣の異変が波紋のごとく、現在のイチローに多大な影響を及ぼすことになるとは‥‥。

 91年に経営が立ち行かなくなり身売りを検討していたマリナーズを、周囲の反対を押し切ってポンと約110億円を出して救ったのが当時、任天堂社長だった山内溥氏だった。以降、25年にわたってマリナーズの55%の株式を保有し、筆頭オーナーとして経営を支えてきたが、その山内氏が3年前に他界。任天堂本体の経営が右肩上がりではなくなった状況も手伝って、保有株を手放すことになった。メジャー関係者が言う。

「山内さんは現場にほとんどモノを言わぬオーナーとして有名でしたが、日本人選手に関してだけは別でした。イチローがポスティングでマリナーズに入団したのも山内さんの指令で、11年半プレーしたのも山内さんの意向。イチローはオフに帰国すると必ず山内さんのもとを挨拶に訪れていました。日本人初のクローザーとなった佐々木主浩氏(48)、日本人初のメジャー捕手となった城島健司氏(39)らの入団も、日本人が世界で活躍する場を提供したい、という山内さんの意向でした。その山内さんが生前に周囲に漏らしていたのが、メジャーで『イチロー監督』を誕生させるという悲願。しかし任天堂が筆頭オーナーではなくなったことで、その夢も消えました。00年以降、とだえたことがなかった日本人選手も今後、消えることになるでしょうね」

 今季、所属するマーリンズでほとんどスタメン出場機会のないイチローがメジャー通算3000安打を達成できない場合は来季、マリナーズが引き取り、3000安打を達成させようという計画もあったという。メジャー関係者が続ける。

「イチローにメジャーでプレーする力がなくなってきた場合、『50歳まで現役』を訴えるイチローの考えに沿う形で、マリナーズ傘下のマイナーチームで50歳までプレーイングマネージャーとして監督業経験を積ませ、その後、日本人初のメジャーリーグ監督に“昇格”させるというものです」

 実はオリックスが昨年オフ、イチローに兼任監督就任を打診した際、イチローは即座に断っている。宮内義彦オーナーに語ったとされるイチローの言葉は「監督に興味がない」というもの。だが正確には「日本のプロ野球の」監督に興味がないということなのだ。

 メジャーの監督は、ほとんどが監督として実績のある人、監督として複数球団を渡り歩いた人、マイナー傘下の監督あるいはコーチとして指導者経験を積んできた人が抜擢されるケースが多い。日本とは違い、あまり現役時代の実績は重要視されず、現役時代の言動を見ながら、指導者の資質のある人をGMが見極め、採用している。出身母体などの人脈も重要で、任天堂という後ろ盾を失ったイチローに、メジャー監督への道が開かれる可能性はきわめて低くなった。

「メジャー関係者の間では『イチローもメジャー監督への道を示されれば受けるでしょう』と言われていたんですが‥‥」(スポーツライター)

 現在、マリナーズでプレーする岩隈久志(35)、青木宣親(34)も、契約が切れた時点でチームを去ることが濃厚のようで、任天堂のマリナーズからの撤退は、今後も含めてメジャーでプレーする日本人選手に多大な影響を与えそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続く!?紅白出場バンドの逮捕情報に「信じられない!」とファン大混乱
2
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(1)マトリがリベンジに燃えるY
3
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
4
小島瑠璃子、「すっぴんインスタ」公開も「違和感ありまくり」の声噴出の理由!
5
黒木メイサが自身の「衝撃的なヘア写真」を公開!こんなにチリチリでいいの!?