スポーツ

「プロ野球セ・パ」覆面フルスイング座談会!(4)ソフトバンク・松坂の復活は無いかも?

20160602m

C パ・リーグのほうも触れておかないとな。日本ハムの斎藤佑樹(27)が一軍に合流したけど、今季は崖っぷち。それでも相変わらず口のほうだけは達者なようで、年下のエース・大谷翔平(21)のことを陰でボロカスに言っているらしい。

D ああ、その話は自分も聞きましたよ。何でも斎藤は親しい関係者に「大谷のことが嫌い」と言い切っているそうですね。かつての早大キャプテンの血が騒ぐのか「先輩に対する挨拶がなってない。礼儀がなっていない」と批判しているようですが、周囲は「大谷からしてみれば斎藤とほとんど接点がないし、眼中にないんだろう」と、冷ややかな目で見ているんだとか‥‥。

B 斎藤は中田翔(27)からもバカにされていますからね。中田は1年目から打者として自分より飛距離を出していた大谷には「お前、すごいよ」と一目置く反面、斎藤については「高校の時からプロでやるって決めてて、何で大学なんか行って遠回りするんや」と鼻で笑っていたそうです。一方の斎藤は、エースと主砲から毛嫌いされながらも「高卒は礼儀ができてないからダメだな」と開き直っているというから、逆に言えば、相当の根性の持ち主と言えなくもないですね(笑)。

A 開き直っている落ち目の選手なら、ソフトバンクの松坂大輔(35)もそうでしょう。5月4日に先発した二軍の広島戦でわずか1回3分の2しかもたず、7被安打、3四球、9失点の大乱調。降板直前に右手指先の抑えが利かないことも訴え、16日には精密検査を受けましたが、近々明らかになる結果しだいでは、またしても長期リハビリ生活の可能性が出てきました。昨年8月に右肩を手術し、キャンプ中は今季の復活を力強くアピールしていたはずですが‥‥。本人は「まだリハビリの過程ですね」と言いながら周囲からの批判もどこ吹く風のようです。

C 今季は3年契約の2年目。しかも年俸4億円ももらっておきながら、まだ一軍で一度も投げていないんだから、とんでもない給料泥棒だよ。ボストンに住む倫世夫人からは「3人の子供たちのためにも、しっかり働いて」とプレッシャーをかけられているようだ。単身赴任で9年ぶりの日本復帰を決意した時は「恐妻にうだつの上がらない亭主」という感じで共感を覚えたけど、今じゃ応援する気にもなれないな。

D 何か大輔には福岡を拠点に全国展開している飲食関係の会社社長がタニマチになって、いろいろと羽を伸ばして夜遊びしているという噂もありますね。嫁さんの地元が球団の拠点と同じ福岡県内の筑紫野市だから「監視の目」もあって、大輔が遊びほうけることはないと思っていたけど、それは甘い推測でした。とはいえ現在、一軍は絶好調だから工藤公康監督(53)からしてみれば「大輔君、どうぞご自由に」といった感じかもしれません。

C 交流戦が始まったらセ・パ各球団の舞台裏で、また新たなうねりが生じそうな気配だな。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”