スポーツ

「プロ野球セ・パ」覆面フルスイング座談会!(3)中日・谷繁監督だけ違う点

20160602l

C そういえば、巨人は今季から導入された、捕手のブロックを禁止する「コリジョンルール」に連日泣かされたよな。5月17日、18日にはDeNAとの東北シリーズで、その新ルール絡みのプレーが連夜にわたり勝負どころで明暗を分けて連敗を喫した。逆に11日に甲子園で行われた伝統の一戦ではセ・リーグ初のコリジョン適用で流れを大きく変える貴重な1点をものにし、高橋監督はニンマリしていたばかりだったのに。一方の阪神側は金本知憲監督(48)を筆頭に首脳陣がブチ切れ、球団もNPBに意見書を提出していたが、どうもこの新ルールはうまく機能していない感がある。

A メジャーリーグでも昨季から、このルールが採用されていますよね。ただ、多くのメジャー関係者が日本プロ野球のコリジョンルールに首をかしげていますよ。メジャー球団のスカウトは「あまりにも型にはまりすぎてしまっている。明らかにタイミング的にはアウトであっても『走者の走路を妨害したから』という理由でセーフにされてしまったら、それはもう野球ではない。だからMLBも昨年9月の時点で『意図的でなければ、ブロックも可』としたんだ」と話していました。恐らくNPBもMLB同様、欠陥だらけの新ルールにメスを入れざるをえなくなると思います。

D そんなコリジョンルール導入だけが理由ではないけれど、セ・リーグは予想がつきにくい展開になっていますよね。前年のリーグ覇者・ヤクルトは打高投低で思うように星勘定が伸びず苦戦中。広島は今季の先発ローテが故障者続出で崩壊し、おまけにリリーフ陣も厳しい。そういう中で中日が序盤から健闘していますけど、やっぱり、このチームはメジャー通算66発の主砲・ビシエド(27)の加入が大きいですよ。

B 中日に関してはこんな話もある。首脳陣の一人が「他の5球団の監督がマヌケすぎだろ? こっちがピンチだと思うと向こうが勝手に動いてくれて、みずからチャンスを潰してくれるケースがよくある。谷繁(元信)監督(45)以外の5人は全員外野手出身だからか?」と、ほくそ笑んでました。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も