芸能

歌丸が中に入れそう?水卜麻美アナ、「笑点」の着物姿に「過去最大肥大化」の声

20160601miura

 日本テレビの水卜麻美アナが「また太った」ともっぱらの評判だ。

 5月15日に放送された「笑点 50周年記念SP」で、水卜アナは翌週に同番組の司会を勇退した桂歌丸の横に座り、進行をアシスト。この日は白い着物を着用していたが、やせ細った歌丸と並んだことで、そのぽっちゃりボディがこれでもかと目立っていた。

 帯の締め付けもかなりキツそうで、その“パンパン”な着物姿には「過去最大級のおデブ状態では?」「歌丸師匠が中に入れそう」といったツッコミや、「ミトちゃんはこれで良し!」「さらに進化した」というぽっちゃり好きの声が飛び交い、視聴者の視線の“焦点”は完全に水卜アナに集まっていたようだ。

「彼女の人気の高さは、あのぽっちゃりボディあってのもの。元々は美味しそうに食レポする姿からブレイクしたわけですが、その仕事ぶりに違わぬリアルな体形ということで、主婦たちからの好感度も非常に高い。万が一、彼女が痩せる方向へシフトチェンジしたら、お肉と同時に人気も捨てることになりかねない」(週刊誌記者)

 しかし、この肥大化した水卜アナが見られるのは「今だけかもしれない」とテレビ関係者は心配する。

「彼女は、8月の『24時間テレビ』の本番に照準を合わせてボディを絞っていくつもりだそうです。以前、メインパーソナリティーの関ジャニ∞らに『Tシャツがピチピチ』『サイズが違う』とイジられたことで、本番前にダイエットを敢行。ピチピチ度が控えめのTシャツ姿を披露しました。昨年にいたっては本番1カ月前の制作会見の時点でスリム体形になり、ぽっちゃりファンは落胆。今年もおそらく総合司会を務めることが予想されていますから、ダイエット前に食べられるだけ食べておこうとした結果、今まで以上にパンパンになってしまったのかも」

 本格的な夏が来る前に、ぽっちゃり好きは彼女の“ぬいぐるみ体形”を目に焼き付けておいたほうが良さそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!