スポーツ

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(1)大谷翔平の二刀流への布石となった一撃

20160807ootani

 現在の日本プロ野球界で唯一の“二刀流”として球界を席巻する大谷翔平(現・日本ハム)。だが、こと甲子園での活躍はというと、わずか2試合の出場しかない。

 初の甲子園は2011年夏。2年生ながらすでに花巻東高校のエースナンバー1を背負っていた。だが、初戦の帝京(東東京)戦では先発投手ではなく、3番ライトで出場。初登板は2-4とリードされた4回表1死一、三塁のピンチの場面。この回は1失点で切り抜けたものの、5回に3安打を浴び2失点。そして、チームが7-7と同点に追いついた直後の7回表に長短打を打たれ1失点。結局これが決勝点となり、大谷は5回2/3を投げて被安打6の3失点で敗戦投手になってしまった。今では信じ難いが、奪三振もわずか2つだった。

 一方で、打者としての大谷はこの試合、3打数1安打。その1本が6回裏に一時は同点に追いつくレフト前への2点タイムリー。大谷はこの翌年の12年春の選抜にも出場。そこでは大谷と並ぶ大会の注目選手と目された藤浪晋太郎(現・阪神)の大阪桐蔭といきなり初戦で激突することになった。投手・大谷は5回表まで大阪桐蔭打線を2安打無失点に抑えたものの、6回表に2つの四球と長短打を浴びて一挙に3失点。7回には本塁打を打たれるなど、8回2/3を投げて被安打7、与四死球11で9失点(自責点5)。大阪桐蔭打線の強力打線の前に一敗地にまみれた。それでも意地の11奪三振は他ならぬ大谷の実力の片鱗といえた。

 かたや打者・大谷と大阪桐蔭のエース藤浪の対決は3打数1安打。その1安打が2回裏の花巻東の先制点となった右中間への本塁打だった。

 そして迎えた大谷にとって最後となる3年生の夏。その県大会準決勝の一関学院戦で高校野球史上初の160キロをマークしスポーツ紙などを一斉に賑わすも、決勝では今回の大会も岩手県代表で出場する盛岡大付戦で3ランを浴びるなど3-5で敗退。あと一歩、甲子園には届かなかった。

 甲子園の通算成績は投手としては14回を投げ、防御率3.77、16奪三振。打者としては6打数2安打、打率3割3分3厘、3打点。とても「大スター」と呼べる特筆すべきものはない。しかし、高校生には難攻不落と言われた藤浪から、大谷が放った目の覚めるような一発こそ、その後の二刀流への布石だったことは間違いない。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!
5
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?