スポーツ

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(7)かき消された鳥谷敬“二刀流”の記憶

20160810toritani

 昨年秋に発足した金本知憲新監督に早々とショートのレギュラーの座を確約されたものの、今季前半戦で不振を極め、連続フルイニング出場が667試合で惜しくも途切れた鳥谷敬(現・阪神)。それでも入団以後、阪神不動のショートとして10年以上も君臨し続けたことは、ファンの記憶から消されることはないだろう。

 その鳥谷は、早稲田大学野球部時代に神宮球場で華々しい活躍を遂げ、“逆指名制度”で晴れて阪神に入団。鳥谷がスター候補になったのは大学時代で間違いないが、じつは聖望学園(埼玉)時代から強肩強打のショートとしてスカウトからは逸材視されていたのである。そして、強肩ぶりは“投げる”ほうでもチームの貴重な戦力になっていた。広い守備範囲と強肩で内野陣を引っ張るだけでなく、ひとたびマウンドへ上がれば最速143キロのストレートで打者を圧倒。最後の夏となった99年の埼玉県予選では決勝戦の浦和学院戦でも4回から登板し、6回を投げて6奪三振の力投。創部18年目で、春夏を通して甲子園初出場に貢献したのだ。

 本番の甲子園でも、鳥谷は当然のように“二刀流”だった。初戦の日田林工(大分)戦。鳥谷は3番打者として3回表にはセンターへの犠牲フライ、5回にはタイムリースリーベースを放ち、2-0と試合を優位に進める。ところがチームは5回裏に四球、パスボールなどで1死二、三塁のピンチに見舞われると、ここでなんとショート鳥谷が痛恨のフィルダースチョイス。さらに続く打者にツーベースを許すなど、一挙4失点を喫してしまった。鳥谷はこの苦しい状況でリリーフ登板。奪三振こそ1つだったものの、最速143キロをマーク。3回2/3イニングを被安打5、自身は暴投による1失点に抑える粘りの投球をみせたが、奮闘報われず、3-5で初戦敗退となってしまう。

 大会前に「甲子園で大暴れしたい。アピールしてプロに行きたいんです」と語ったものの、一瞬にして終わった鳥谷。彼の“二刀流”は、後の早稲田大学での活躍で、関係者の脳裏からもかき消されることになる。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜田雅功も呆れ顔…土田晃之が「元野球部」告白でまたも上がった大ブーイング
2
A-Studio新MCにキスマイ藤ヶ谷が発表されるも批判が相次いだワケ
3
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕