スポーツ

夏の甲子園・我が心の決勝戦(1)広島カープ・福井優也が挑み、跳ね返された歴史的乱打戦

20160818kessyousen

 昨シーズンは自己最多の9勝を挙げ、先発ローテーションの役割を果たした広島カープの福井優也。今シーズンは自身初となる2ケタ勝利を狙うも7月まででわずか2勝と結果を出せずにいる。だが、そんな福井は高校2年の夏、甲子園史上初となる大快挙を目指すチームのエースとして聖地のマウンドに立っていた。

 04年の春の選抜に済美(愛媛)の2年生エースとして甲子園に初出場した福井。なんとこの大会で済美は大会史上最速となる創部3年目での優勝を遂げる。もちろん、初出場初優勝。その中心にいたのが福井だった。

 福井は初戦から決勝戦までの全5試合に先発し、4完投で4勝を挙げた。44回を投げ、被安打32、奪三振43、失点17、自責点13で防御率2.66。初戦&第2戦は鮮やかな連続完封劇を演じている。

 その福井擁する済美は同年夏、今度は「有力校」として甲子園に帰ってくる。狙うは史上6校目、しかも春夏ともに初出場での春夏連覇という過去に例のない大偉業である。

 初戦の相手は“みちのくの剛腕”佐藤剛士(元・広島)を擁する秋田商。福井との投げ合いが期待されたが、予想に反して試合は打撃戦に。結果、11-8で打ち勝ったが、福井は9回完投も171球。被安打15と絶好調時とはほど遠い、不本意な出来に終わった。それでも以降の3試合は6-0、2-1、5-2と“らしさ”を取り戻し、「さすが」の決勝進出を果たす。

 史上初の“春夏初出場での春夏連覇”まであと1勝。世間もその偉業を疑わなかった。

 しかも決勝の相手は、強力打線を武器に勝ち上がってきたとはいえ、過去に優勝のない北海道勢。ところがその伏兵、駒大苫小牧(南北海道)が福井に襲いかかった。

 済美は3回表まで5-1とリードするも、5回終了時にはまさかの6-6の同点に。6回表に3点を勝ち越すが、その裏に福井は2ランを浴びKOされてしまう。この流れを2番手のピッチャーも止められず、駒苫打線は毎回の20安打で計13点。済美打線も19安打で応酬するが、猛追及ばす10-13で打ち負けてしまうのだ。

 翌05年、駒大苫小牧は稀代のエース田中将大(現・ヤンキース)を擁して2連覇する。しかし、創部3年目で春夏連覇を目指した済美と、真紅の優勝旗を初めて北海道へと導いた04年の決勝戦こそ、高校野球が新時代へと突入したことを全国のファンに知らしめた一戦だったといえる。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
2
「アイ・アム・冒険少年」露骨過ぎる“Snow Man推し”が大不評!
3
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?