芸能

“六角精児がハマる”これが「呑み鉄」の醍醐味だ!(4)自分だけの「旅行スポット」を

20160908k4th

 ところで、日本全国の美味を食しているであろう六角の大好物の一つが、あぶり明太子。

「九州といえば焼酎。僕は自宅でももっぱら焼酎派なので、九州に行くと居酒屋、スナック、列車内とついつい酒量が増えてしまいます。で、焼酎に合うのが博多の明太子。特に表面はカリッと香ばしく焼けているんだけど中身はレアさ加減が残る、あぶった明太子は最高。これがあればいくらでも飲めるので、本当に困ります」

 さらに、九州のスナックのおおらかなノリも大好きで、

「南国気質なのかどうかわかりませんが、九州のスナックはママや常連客もやたら明るくて、まず湿っぽい雰囲気にならないし、酒の作り方も大胆(笑)。スナックというのは、お酒をついでくれる人の性格とあんばいしだいですから、なかなか自分のペースでは飲めない。だからどれくらい飲んでいるのかわからないうちに、気がついたらすさまじい千鳥足になっている、というわけです」

 袖振り合うも多生の縁とばかりに、一期一会を満喫。出されるものを全て平らげ、南国の美味と人との触れ合いを堪能したという。

「日本には景色や街並みだけじゃなくて、まだまだすばらしいところがたくさん残っています。でも、どこもかしこも高齢者が生活する場所になってしまっている。これは本当にもったいないこと。だからといって、たくさんの人が押し寄せて観光地化してしまうのも問題ですが、ただ、そんな場所に我々ひとりひとりが自分だけの旅行スポットを見つけに行けばいいじゃないですかね。そうすれば、何か広がる可能性がある。そしてそれが文字どおり、ディスカバージャパンになるはずだから」

 一見、計画性のない行き当たりバッタリに思える呑み鉄旅。だが、実はそうやってひとりひとりが一歩を踏み出すことで旅の楽しみ方も変わってくる、と六角は言うのだ。

「よく『長時間乗っていると飽きませんか』と聞かれることがあります。でも、飽きたら目を閉じていればいいんです。ゆっくり流れる時間の中で心地いい揺れに身を任せ、ふと目覚めるとまだ同じ電車の中で同じ風景が続いている。で、酒をまた一杯。こんな楽しみ方も、呑み鉄ならではですからね」

 慢性的な不況、非正規労働者の増加、年金減額‥‥全てにおいて世知辛い昨今、ひとときの安らぎを求めて、大人の呑み鉄旅に出かけてみるのも悪くない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論