社会

東京五輪が中止になる「首都直下大地震」は明日にでも来る!(2)「地震活動期」に突入している

20160908h2nd

 内閣官房参与で京都大学の藤井聡教授も、雑誌「VOICE」14年3月号で、首都直下型大地震が20年までに起こるのは十中八九間違いない、と指摘している。東京五輪までに90%の確率で大地震が発生すれば、東京とその周辺は大災害に見舞われ、五輪開催どころではなくなるだろう。

〈マグニチュード9にも及ぶ東日本大震災が起こったいま、多くの科学者が、いまの日本列島は大地震が集中的に訪れる「地震活動期」に突入している〉

 としたうえで、

〈この「地震活動期」というものは、過去の日本の歴史のなかでも定期的に訪れている〉

 例えば、東日本の太平洋沖で発生するM8クラス以上の巨大地震は、過去2000年に4回起こっているが、それらはいずれも、日本列島の各地で大地震が発生する「地震活動期」のただ中でのことだった。藤井教授は、その4回のうち全てのケースにおいて、首都圏では10年以内に大地震が起こっている、と記述している。そして、

〈この結果をもってして即座に、首都直下地震が10年以内に今回も起こるだろうと結論づけることはできないとしても、いかに危険な状況にあるのかを明確に指し示すものであることは間違いない〉

 と結論づけているのだ。

 ちなみに、藤井教授は最近も、ラジオ番組「生島ヒロシのおはよう一直線」に出演し、「首都直下型地震や東海地震などの巨大地震が、首都を含めた太平洋ベルトを直撃する確率は五分五分程度」とも発言している。

 この「東日本大震災⇒基盤岩ひき戻し地震⇒首都直下型大地震」という玉突き地震現象に加え、実はもう一つ、深刻な地震被害が我々にのしかかろうとしている。経済産業省が「核のゴミ」を海底に埋設しようと計画しているのだ。「核のゴミ」とは、使用済み核燃料からプルトニウムを取り除く再処理作業の過程で出る廃液であり、高レベル放射性廃棄物である。

 原発から生じた核のゴミは現在、1万7000トン以上あるといい、「満杯」状態。しかし、陸地でのゴミ処理は地元住民の大反発が予想されるため、海底の地下への埋設が検討されてきた。陸地には地権者がいるが、海底にはいないということも注目される要因であり、経産省は今年中に候補地をあげたいとしている。経産省詰め記者が言う。

「経産省では火山、活断層から離れたところで、海岸線から15キロ以内で、海底から地下300メートル以上の地点に、金属容器に入れた核のゴミを埋設したいとしていますが、処分場の建設や操業の際に安全性が確保できるのか。さらに、津波災害や建設時の海水圧に対応できるのか」

 もちろん、漁業関係者から強い反発を食らう可能性もあるだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ