芸能

日テレ「笑点」高視聴率でも笑えなかった“寒~い”フトコロ事情

20160929i

 高視聴率が続く日本テレビの看板番組「笑点」。「ということはCMなどで大儲け‥‥」と思いきや、さにあらず。寒いフトコロ事情の背景には、数字を支える視聴者の偏りがあった。

 最新視聴率18.4%(関東地区、9月4日放送分)は、娯楽部門で1位。「笑点」は変わらぬ高視聴率を続けている。

「CM収入は民間放送局の大きな収入源で、価格を決めるのが視聴率。数字はすぐには出ないので、結果を受けて、遅れてその枠の値段が決まるのです」(広告代理店社員)

 この価格原理から考えれば、「笑点」こそ日テレの稼ぎ頭ということになる。だが、ある日テレ関係者はため息交じりにこう明かす。

「『笑点』視聴者のほとんどが、後期高齢者で平均年齢70歳を超えています。老人しか見ないので、基本的には儲かってないのです」

 いわゆる「視聴率」とは「世帯視聴率」のこと。現在、広告代理店、テレビ局、スポンサーがシビアに注目するのは「世代別視聴率」だ。ちなみに、「世帯別──」はテレビ業界で“見た目”と呼ばれている。

 スポンサーにとって最も“おいしい”のは、購買力のある20~40代が見る番組。70代を中心とした層は、「シャンプーなら〇〇」など、決まったものを買うためCMを出す意味がない。

「季節ごとに新機種を出す携帯電話の会社や、化粧品会社。イベントを告知するディズニーランドなどのお金のある企業は、『笑点』にCMを出しません」(前出・日テレ関係者)

 80年代まで「笑点」は、「ゴホンと言えば」の「龍角散」による1社提供。テレビ創成期には、枠を永続的に買ってくれる「1社提供」は局にとってありがたい存在だった。

「『1社』は値段が固定されていますので数字が上がれば、企業が多く払わずに済み得をします。下がれば枠の値段が安くならないので、局が得をするという矛盾を含んでいました」(前出・代理店社員)

 高度経済成長期終了後、「1社提供」は、数字を出してCM枠を高く買ってほしい局にとって負担となる。「笑点」のスポンサーも複数社提供となっていった。ところがである。

「高齢化社会にあって“見た目”は、家にいる老人が番組を見ると20%に届いてしまうのです。『笑点』と似たような傾向を持っているのが『大相撲』。購買力を持っていない層しか見ないという背景があって、『笑点』のCM枠は、他の番組に比べるとかなり安く、実は、赤字にはなっていないというくらいのレベルなのです」(前出・日テレ関係者)

 5月には、勇退した桂歌丸(80)に代わって、春風亭昇太(56)が大喜利の司会となり、林家三平(45)が新メンバーとなった。その目的はメンバーだけではなく、視聴者の若返りにもあったという。

 現在、「笑点」には、「笑点 特大号」「笑点デラックス」という派生番組がある。いずれも「BS日テレ」で放映されている理由もまた、視聴者の高齢化にあるという。

「設備にお金のかかるBSは、高齢者しか見ていないんです。若い人はそのお金がないので、BSはほとんど見ません。ということで、『笑点』はBSにマッチしているんです。ちなみにBSの『笑点』は『龍角散』の1社提供です」(前出・日テレ関係者)

「BS」と「NHK」は高齢者との親和性が高く、民放のBS番組は、ほぼ高齢者向けになっているという。

「多くの番組がWeb展開をしますが、『笑点』は力を入れていません。視聴者がWebを見ないので。こうなると、派生商品をネットで大量販売という仕組みも考えにくい。局としては『看板』ということで、終了はできません。しかし、視聴者の世代を若返らせなければ、いつ『打ち切り』と言われてBSに引っ越ししても、おかしくないのです」(前出・日テレ関係者)

 そう遠くない日に、日曜夕方5時半の“座布団”は没収となる!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察