芸能

日テレ「笑点」高視聴率でも笑えなかった“寒~い”フトコロ事情

20160929i

 高視聴率が続く日本テレビの看板番組「笑点」。「ということはCMなどで大儲け‥‥」と思いきや、さにあらず。寒いフトコロ事情の背景には、数字を支える視聴者の偏りがあった。

 最新視聴率18.4%(関東地区、9月4日放送分)は、娯楽部門で1位。「笑点」は変わらぬ高視聴率を続けている。

「CM収入は民間放送局の大きな収入源で、価格を決めるのが視聴率。数字はすぐには出ないので、結果を受けて、遅れてその枠の値段が決まるのです」(広告代理店社員)

 この価格原理から考えれば、「笑点」こそ日テレの稼ぎ頭ということになる。だが、ある日テレ関係者はため息交じりにこう明かす。

「『笑点』視聴者のほとんどが、後期高齢者で平均年齢70歳を超えています。老人しか見ないので、基本的には儲かってないのです」

 いわゆる「視聴率」とは「世帯視聴率」のこと。現在、広告代理店、テレビ局、スポンサーがシビアに注目するのは「世代別視聴率」だ。ちなみに、「世帯別──」はテレビ業界で“見た目”と呼ばれている。

 スポンサーにとって最も“おいしい”のは、購買力のある20~40代が見る番組。70代を中心とした層は、「シャンプーなら〇〇」など、決まったものを買うためCMを出す意味がない。

「季節ごとに新機種を出す携帯電話の会社や、化粧品会社。イベントを告知するディズニーランドなどのお金のある企業は、『笑点』にCMを出しません」(前出・日テレ関係者)

 80年代まで「笑点」は、「ゴホンと言えば」の「龍角散」による1社提供。テレビ創成期には、枠を永続的に買ってくれる「1社提供」は局にとってありがたい存在だった。

「『1社』は値段が固定されていますので数字が上がれば、企業が多く払わずに済み得をします。下がれば枠の値段が安くならないので、局が得をするという矛盾を含んでいました」(前出・代理店社員)

 高度経済成長期終了後、「1社提供」は、数字を出してCM枠を高く買ってほしい局にとって負担となる。「笑点」のスポンサーも複数社提供となっていった。ところがである。

「高齢化社会にあって“見た目”は、家にいる老人が番組を見ると20%に届いてしまうのです。『笑点』と似たような傾向を持っているのが『大相撲』。購買力を持っていない層しか見ないという背景があって、『笑点』のCM枠は、他の番組に比べるとかなり安く、実は、赤字にはなっていないというくらいのレベルなのです」(前出・日テレ関係者)

 5月には、勇退した桂歌丸(80)に代わって、春風亭昇太(56)が大喜利の司会となり、林家三平(45)が新メンバーとなった。その目的はメンバーだけではなく、視聴者の若返りにもあったという。

 現在、「笑点」には、「笑点 特大号」「笑点デラックス」という派生番組がある。いずれも「BS日テレ」で放映されている理由もまた、視聴者の高齢化にあるという。

「設備にお金のかかるBSは、高齢者しか見ていないんです。若い人はそのお金がないので、BSはほとんど見ません。ということで、『笑点』はBSにマッチしているんです。ちなみにBSの『笑点』は『龍角散』の1社提供です」(前出・日テレ関係者)

「BS」と「NHK」は高齢者との親和性が高く、民放のBS番組は、ほぼ高齢者向けになっているという。

「多くの番組がWeb展開をしますが、『笑点』は力を入れていません。視聴者がWebを見ないので。こうなると、派生商品をネットで大量販売という仕組みも考えにくい。局としては『看板』ということで、終了はできません。しかし、視聴者の世代を若返らせなければ、いつ『打ち切り』と言われてBSに引っ越ししても、おかしくないのです」(前出・日テレ関係者)

 そう遠くない日に、日曜夕方5時半の“座布団”は没収となる!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
有働由美子、NY住居の家賃は70万円!?明かしていたNHK時代の駐在生活とは