芸能

卓球・丹羽孝希が乃木坂46生駒里奈に謝罪も“謝ってやってる感”に賛否真っ二つ

20161013ikoma

 ついに、卓球日本代表の丹羽孝希が乃木坂46生駒里奈および乃木坂ファンに謝罪した。

 丹羽といえば、現在は何事もなかったように乃木坂ファンを公言しているものの、昨年5月にツイッターでファン引退宣言をした過去を持つ。そのファンを引退した理由が、生駒がセンターを務めた12thシングル「太陽ノック」の選抜に納得がいかなかったというものだった。

 生駒がセンターになったことでファンを辞めたと受け取られてもおかしくないツイートだったため、直後に生駒推しの乃木坂ファンが丹羽のツイッターアカウントに押しかけ炎上。以降、丹羽はツイッターを削除していた。

 しかし、10月10日に放送されたスポーツ選手を集めたトークバラエティ番組「スポーツジャングル」(フジテレビ系)で、その話題を触れられたことで新展開を迎えた。

 ツイッターを辞めた理由をダウンタウン浜田雅功に尋ねられた丹羽は「乃木坂さん、好きだったんですけど‥‥そのことに対してつぶやいたら炎上というか押しかけてきちゃって、面倒くさいなと思ってやめてしまった」と説明。

 そして、トークの流れから乃木坂ファンに謝罪することを浜田に促され、「誤解を招くようなことをしてすみませんでした。これからは同じ乃木坂ファンとして仲良くしていきましょう」と、ついにファンが待ち望んでいた謝罪の瞬間を迎えた。

 さらに丹羽は9日にツイッターを1年半ぶりに再開。同日に「乃木坂ファンの皆さん、生駒さんお騒がせしてしまいすいませんでした」と、こちらでは生駒に対しても謝罪している。

 この謝罪ツイートのコメント欄には「やっと謝ってくれたな」「今後は一緒に乃木坂を応援していきましょう」「ライブで見かけたら声かけていいですか?」という温かいコメントも多く見られた。が、当然のようにこの謝罪に納得できていないというファンも少なからずいるようだ。

「『誤解を招くようなこと』という丹羽のコメントが引っ掛かっているようですね。『ならばきちんと説明してくれ』『生駒センター以外に乃木坂ファンを辞めた理由あるならちゃんと釈明したほうが認められると思う』『とりあえず謝ってやってる感がスゴイ』など、アンチ丹羽からのツッコミも目立っていますね」(アイドル誌記者)

 ただのアイドル応援と言ってしまえばそれまでだが、丹羽はテレビで乃木坂と共演もできる有名メダリスト。今後は慎重なコメントが求められそうだ。

(本多ヒロシ)

関連記事:まず生駒ちゃんに謝まれ!卓球・丹羽孝希、乃木坂46へのVTRにファンが憤慨 http://www.asagei.com/excerpt/67584

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス