芸能

天才テリー伊藤対談「片桐竜次」(4)「相棒」の現場はどんな感じです?

20161103n

テリー しかし、ピラニア軍団出身の片桐さんが、今や「相棒」シリーズの警察幹部ですからね。世の中、わからないもんですね。

片桐 いやいや、俺がいちばんビックリしてますよ(笑)。

テリー それまでとは違って、視聴者から声をかけられることもずいぶん増えたと思いますけど。

片桐 うれしい反面、ちょっと恥ずかしいところもありますね。「相棒」では制服を着て偉そうにしているのに、ふだんは半ズボンにサンダルで自転車に乗ったりしていますから(笑)。

テリー 親しみやすくて、いいじゃないですか。現場での水谷(豊)さん、どんな感じなんですか?

片桐 すてきな方ですよ。そして天才ですね。毎回、台本は膨大なセリフ量なんですけど、いつも完璧に頭に入っていて。俺なんて、ちょっとしかセリフがなくても四苦八苦しているのにね(笑)。だから、水谷さんと一緒に出る時はやっぱり緊張するんですよ。

テリー ああ、とちったりして、迷惑をかけるのは嫌ですよね。

片桐 そうなんですよ。特に水谷さんの長ゼリフの合間にちょっと入ったりするのとかがつらいんです。「もし間違えて、最初からやり直しになったらどうしよう?」って。

テリー 「ごめん、もう1回」とはいかない?

片桐 そんなの、ダメですよ。だから、いつも自分のセリフのきっかけを間違えないように、水谷さんの最後のセリフを聞くことに集中していますよ。「俺の芝居なんかどうだっていい」っていうくらいに(笑)。

テリー 片桐さん、意外に繊細なんだなァ(笑)。俳優生活も長いと、映画・ドラマ撮影の現場もいろいろと変わったと思いますけど、最近の若い俳優についてはどう思われていますか?

片桐 みんな芝居がうまいですよね、感心してます。

テリー ええ、でもこれは個人的な意見ですけど、今メインで出ている人たちってイケメンが多すぎると思うんですよ。だって世の中、そんなに美形ばかりじゃないじゃないですか。

片桐 ああ、よくわかります。それぞれの個性が見えにくくなっていますよね。例えば、アラン・ドロンってただ男前なだけじゃなくて、健康的な不良性を感じるじゃないですか。そういうムードを持った人は、確かにあまりいないですね。

テリー そうそう、そういうことです。

片桐 人にはそれぞれ欠点や欠陥があって、そういうものが俳優にとってある意味“魅力”になるところがあったと思うんですよ。でも、今の若い人たちには、それは求められていないんでしょうね。

テリー ドラマに出る一方でバラエティにも出たりして、器用な人たちが多いですよね。でも、僕はそういう人をいざ映画やテレビで観た時に「あ、今日は仕事で役者をやってるんだね」みたいな感じで受け止めちゃうんですよ。もう少し「この人、ふだんはどんな人なんだろう?」って思わせてくれる人が観たいんですけどね。

片桐 そういう時代ですから、しょうがないと思いますけどね。役者だけでは儲かりませんから。最悪ですよ。

テリー アハハハ、さすがにそこまでじゃないと思いますけど。じゃあ片桐さんの映画も、たくさんのお客さんに来てもらわないといけませんね。

片桐 公開初日は舞台挨拶もありますので、ぜひ。でも、素では恥ずかしくてしゃべれないですから、一杯飲んで景気をつけて行きます(笑)。

テリー そう言わず、ぜひ劇場で拳銃ぶっ放してくださいよ(笑)!

◆テリーからひと言

 警察幹部からアウトローまで幅広くいけちゃう数少ない俳優だね。これからも一匹狼ならぬ、「一匹ピラニア」として演じ続けてください。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!