芸能

天才テリー伊藤対談「片桐竜次」(1)この年でも動けるところを見せたい

20161103k

●ゲスト:片桐竜次(かたぎり・りゅうじ) 1947年、山口県生まれ。1969年に東映ニューフェイス13期生として入社、71年に映画「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」で本格デビュー。その後、73年の「仁義なき戦い」にて松方弘樹を射殺する組員をはじめ、数多くの悪役や犯人役を演じ、川谷拓三、志賀勝、室田日出男らとともに「ピラニア軍団」の一員として映画・テレビに欠かせない存在となる。主な出演ドラマは「大岡越前」「水戸黄門」「江戸を斬る」「太陽にほえろ!」「大都会」「必殺」シリーズ、「桃太郎侍」「Gメン’75」「俺たちは天使だ!」「暴れん坊将軍」「西部警察」「プロハンター」「ザ・ハングマン」「あぶない刑事」「鬼平犯科帳」など数知れず。現在、「相棒 season15」(テレビ朝日系)に内村刑事部長役で出演中。俳優生活45周年を記念した初主演映画「キリマンジャロは遠く」が、10月29日より東京・新宿K’s cinemaにてレイトショー公開。

 お茶の間では「相棒」の刑事部長・内村役でおなじみの俳優・片桐竜次。東映の殺られ役・悪役からキャリアをスタート、以後、個性派として数多くの映画・テレビで活躍してきたが、このたび、長い俳優生活で初めて主演を務めた映画が公開。天才テリーも、その渋さに震えた!

テリー ごぶさたしています。以前、松方(弘樹)さんの映画の撮影現場でお会いしましたよね。

片桐 そうでした、10年くらい前ですかね?

テリー 今年でなんと俳優生活45周年を迎えられて、それを記念した初の主演映画「キリマンジャロは遠く」が公開されるんですね。観させていただきましたけれど、片桐さんの渋みが出た、すごくカッコいい映画に仕上がっていました。

片桐 ありがとうございます。昔からジャン・ギャバンの「暗黒街のふたり」や、アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」みたいなフランス映画が好きだったもので、そんな雰囲気の映画にしたいなと、監督と相談しながら作りましてね。

テリー 今どきの映画みたいにペラペラしゃべらない、寡黙な元刑事役でね、これがまたいいんですよ。

片桐 まさに、どうにか今風でない、昔のフィルム・ノワール的な世界を目指せないかな、と思いまして、「できれば表情だけでやりたい」とお願いして、監督にセリフを削ってもらったりしたんです。

テリー 確かに最近の日本映画って、セリフが多いうえに説明文みたいになっていて、カット割りも全部セリフで決まっちゃったりして、つまんないですよね。

片桐 そうなんですよ。昔の映画に比べてシーンそれぞれの香りがしない気がします。

テリー これまたドラマの影響だと思いますけど、最近の映画ってバストショットも多いですよね。

片桐 ええ、撮影の基本はローアングルなんですけれど、今はそういう映画はほとんどないですね。音楽、風景なんかの扱いとかも、気になります。

テリー この映画では、そういったことを柏原(寛司)監督と話し合いながら進めていった?

片桐 話し合うというよりも、監督をうまくだまして、ですね(笑)。やっぱり映画の現場って、監督のものですから。

テリー そこでもめることはなかったですか?

片桐 いえ、監督ともつきあいが長いですから。

テリー 松田優作さんの「探偵物語」や「あぶない刑事」を手がけた、ベテランの脚本家ですよね。

片桐 そうです。文芸作品よりアクションが好きな監督だから、その辺りも気が合うんです(笑)。

テリー 確かに、拳銃片手のアクションシーンも、バッチリでした。

片桐 まあ「仁義なき戦い」をはじめとして、東映の映画でずっと撃たれたり、殺されたりしてきましたからね(笑)。もう69歳になりましたけど、まだ多少動けるっていう自負が自分の中にありまして。

テリー いやいや、多少どころじゃないですよ、あの動きは(笑)。

片桐 「この年でもアクションはできるよ」ってことは見せたかったんですよ。45年の集大成、ってほどではないですけど、その部分に関して多少は出せたかなって気はしますね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
5
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き