スポーツ

浅田真央 謎のアメリカ直行で急浮上する「外国人カレ氏」

20161110b

 最近とみに氷上で大人の色香を醸し出していると評判なのが浅田真央(26)だ。

 10月21日のGPシリーズ・アメリカ大会では6位と精彩を欠いた。これにより、GPファイナル出場が厳しくなり、「最終目標」と位置づける18年「平昌五輪」への影響も避けられない。フィギュア界がにわかにザワついている様子について、スポーツ紙記者が語る。

「10月9日、フィンランディア杯の開催地・フィンランドから帰国した佐藤信夫コーチが、真央の左膝痛について言及したんです。以前より負傷は記者間で有名な話でしたが、真央サイドがかたくなに認めなかった。かつて、ある記者が記事にしてしまい、トラブルを引き起こしたほどです」

 にもかかわらず、他ならぬコーチがタブーに触れたことで、記者たちは騒ぎ立つ。だが、衝撃をもたらしたのは別の話題だった。

「真央が帰国せずに米国に直行していたんです。筋金入りの海外嫌いで、なおかつ彼女にとって“因縁の国”に直行するなんて考えられません」(前出・スポーツ紙記者)

 因縁とは、07年12月に遡る。前年夏からカリフォルニアに練習拠点を移した浅田だったが、わずか1年で帰国したのだ。

「英語が苦手で人見知りなため、真央はホームシックにかかった。一方、『フィギュア人生を全うしたい』と言うほど姉の舞(28)は現地コーチとウマが合っていた。しかし、『姉と一緒に日本に戻りたい』という真央の声を受け、強引に帰国。以後、舞は調子を崩し、引退することになりました。いわば、舞のフィギュア人生に終止符を打った土地なんです。真央も負い目を感じているんですが‥‥」(前出・スポーツ紙記者)

 古くから浅田を知る報道陣にとっては寝耳に水の事態で、初のスキャンダルの可能性をささやき合い始めたという。別のスポーツ紙記者が言う。

「『現地に外国人彼氏がいるのではないか』と言われています。今年は左膝だけでなく腰にも不安があるため、ルッツやステップといった小技を中心に演技構成点と技術点を狙うスタイルに切り替えた。真央自身も『氷上の女優を目指す』と漏らしています。負けず嫌いの真央ですから『逆転Vに必要な色香を出すために女を磨いている』との噂で持ちきりです」

 かつて「喜んでもらいたい人が見つかると、人は強くなれる」と語った真央。トラウマを克服できるほど強くなった裏で、「目覚めた」のだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
2
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
3
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
羽田圭介、「バス旅」起用法の“異変”で現実味を帯びる田中要次の“卒業”