スポーツ

DeNA山口、大人がビービー泣くFA宣言に「ビジネス涙はウンザリ」のシラケ声

20161109yamaguchi

 いい大人がビービー泣いてどういうつもりか。プロ野球ファンからシラケ声が聞こえてくる。

 ドラフトも日本シリーズも終わり、プロ野球はストーブリーグに突入。戦力外通告を受ける選手から、球団と銭闘を繰り広げる選手など、その悲喜こもごもにファンも試合以上に一喜一憂している。なかでも、毎年注目されるのがFA移籍。今年の目玉、オリックスの強打者・糸井嘉男には阪神タイガースが猛アタック。双方の球団も上限まで条件を提示しているようで、どうやら今週末にも残留かトラ移籍かの結論が出そうなフンイキだ。

 糸井のようなビジネス的FAが本来の姿であるはずだが、毎年、どうにもファンが釈然としないFA宣言があることは否めない。つまり、誰のために流しているかわからない、涙のFA宣言だ。

「今年でいえば、日ハムの陽岱鋼が7日に涙で会見。若返るチームの中で『自分が戦力構想に入っていないと感じた』とコメント。実際、球団もコスパがいいとはいえないと考えていたようです。ですから、陽の『寂しいけど』という涙に偽りはないでしょう。とはいえ、移籍によって1億6000万円の年俸からさらに増えるはずですし、複数年契約も間違いない。ある意味でうれし涙に見えるといったら嫌味でしょうか」(週刊誌記者)

 それだけならよかったが、陽に続き、横浜DeNAからFA宣言の山口俊が8日、囲み取材で涙を流したことで野球ファンのウンザリが頂点に達したようだ。

「ラミレス監督になり、ついにクライマックスシリーズに出場。来季はさらに上を目指すとファンが大盛り上がりのDeNAで、シーズン終了後の全体ミーティングにも主将ながら一人だけ参加せず、球団の引き止めも結局無視してFA宣言の山口。それで涙を流されても『はぁ?』と思いますよね。巨人が移籍先の有力候補ですが、山口の『(他球団の)自分の評価を聞きたい』と言いながら流す涙に、『チームやファンを無視してなんでビービー泣いてんるんだ』と一斉にシラケ声です。横浜には生涯一球団を貫いた三浦大輔もいましたし、最近では黒田の男気ドラマも有名。この山口の自分本位のFA宣言の涙が“ビジネス涙”と揶揄されるのは当然でしょう」(前出・週刊誌記者)

 いくら正当化しようが、プロ野球のFAはマネーゲーム誘発以外の何物でもない。「泣くぐらいならやめたら?」「実力以上の大金が欲しいから移籍するのにいちいち泣くな」「ミーティングにも出ない不良社会人は要らない」と、DeNAファン総出で批判だ。

 かつて広島カープファンの声を無視して、巨人へ移籍した大竹寛投手の二の舞にならないことを祈るばかりだ。

(中里けい)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”