芸能

織田裕二「IQ246」の妙な喋り方は杉下右京より山本高広の“あのネタ”に激似!

20161113oda

 織田裕二主演のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)の第3話が10月30日に放送され、視聴率10.1%を記録。初回の13.1%、第2話の12.4%から数字を下げている。週刊誌記者が語る。

「織田演じるIQ246の貴族が難事件を解決するという物語ですが、視聴者から『事件のトリックや推理法がお粗末すぎる』という声が続出しています。今作は原作がありません。脚本家を3人にし、それぞれの担当の話を充実させる体制にしていますが、一から高度なトリックを考えるのはかなり難しいもの。泉澤陽子さんが担当している第3話までは、どうしてもキャラクター重視になっている感は否めませんね」

 視聴率下落の別の要因と言われているのが、織田が演じる法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)の喋り方だ。賛否両論あるうえ、「相棒」(テレビ朝日系)の杉下右京(水谷豊)をまねているのではないかとの指摘もあがっているが、それ以上に「あの人の喋り方に似ている」と語るのはテレビ関係者だ。

「織田のものまねで有名な芸人・山本高広の持ちネタである『ケイン・コスギ』に似てるんです。その声は実は織田の耳にも入っていますが、本人は『いい物が作れるなら、何と言われようが構わない』と、まったく気にしていない様子。それに2008年頃、『織田裕二が、山本高広に物まねをされる事に不快感を示している』という報道がされましたが、その後、和解しています。今は物まねに理解があるようですよ」

「セリフを声に出して読んだら、自然とあの喋り方になった」と話している織田。ドラマが終わる頃には、本人も視聴者もあの喋り方がクセになっているかもしれない。

(長谷部葵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!