スポーツ

ジャンプ、スピンが不完全!?羽生結弦、GPファイナルで懸念される左足の状態

20161201hanyuu

 フィギュアスケートのNHK杯で、大会2連覇を果たした羽生結弦選手。大会後のインタビューでは「正直ほっとしています。久しぶりに300点を超えることができてとても嬉しかった」と、笑顔で答えた。

 今シーズンから挑んだ4回転ループジャンプの成功については「耐えて降りたという感覚で、もっときれいに跳べたと思う。ほかの4回転ジャンプなどもまだまだ伸びしろがあるので、これからまたつめていければいいと思う」と、さらなるブラッシュアップを口にした。

 高得点での優勝なのに、羽生選手が「まだまだ」と反省するのはどのあたりなのか、フィギュアに詳しいスポーツライターが解説する。

「フリーの4回転ループは、跳んでいる姿勢の軸が前傾していたのに、よく着氷できたなと思いました。また、後半の4回転3回転は転倒。それでも300点超えになったのは、他のジャンプとスピンとステップに加点があったからです。男子は、4回転ジャンプの成功がないと、表彰台には上がれないので、そこに課題が残っていると思っているのでしょう」

 では、12月8日からフランスで開催される「グランプリファイナル2016」は万全だろうか?

「気になったのは、エキシビションの演技です。荒川静香の代名詞となったレイバックイナバウアーで会場を沸かせた羽生選手ですが、ジャンプは2種類のみで、転倒こそなかったものの、その1回は回転が少なくなりました。また、得意のスピンですが、軸がいつもより流れているのが気になりました。故障した左足をかばうあまり、右足に負担がかかっているのか、少し心配です」

 今期は、グランプリファイナル4連覇がかかっている羽生選手。最高の演技で有終の美を飾ってほしいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
3
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?