スポーツ

4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ

20161130saitou

 北海道日本ハムファイターズの“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹投手が11月29日、今季年俸2300万円からのダウン提示を受け入れ、契約を更改した。これで2013年の推定3500万円から4年連続でのダウンとなったものの、来季も1軍最低年俸の1500万円以上はもらえるものと見られている。

 その斎藤にはファンから「4年間で3勝しかしてないのにまだクビにならないのか」といった辛らつな声が飛んでいる。さらに、ダウンしたとはいえ28歳としては十分に高給取りな金額にも批判が集まっているよう。スポーツ誌のライターが説明する。

「今季の斎藤は8月を2軍で暮らすなど、登板数はわずか11試合に留まりました。もはや名実ともに彼の立ち位置は2軍選手であり、実力面で見れば1軍契約の年俸はもらいすぎでしょう。他のチームでは3年前のドラフト1位投手が2軍最低年俸ギリギリの450万円でサインした例もあり、斎藤の厚遇ぶりが目立ちますね」

 斎藤はここ3年間で勝ち星を2勝、1勝、ゼロと減らしており、来季の活躍にも期待が持てない状況だ。そんな選手になぜ高給を払い続けるのか。だが斎藤にはそれだけの年俸をもらう理由があるというのだ。スポーツ誌のライターが続ける。

「実は今でも斎藤の集客力はバツグンに高く、彼が登板すると観客が5000人増えると言われるほど。内野自由席の当日券は2500円ですから、単純計算で1000万円以上の増収です。今季の斎藤はホームで2回先発しており、2000万円超の収益をあげたことになるので、自分の食い扶持程度はしっかり稼いだわけですね」

 今季の優勝では、貢献していないのにビールかけに参加していたとして話題になった斎藤。そうやってメディアに取り上げられるうちは、チームに留まり続けることもできるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…