芸能

NHK紅白“出場落選女”たちの激烈バトル(2)三顧の礼で宇多田ヒカルがようやく出演

20161208c

 高畑は“夏の紅白”とも言われる同局の「思い出のメロディー」の司会を務め、紅組司会も濃厚と見られていた。それを一変させたのが、くしくも同ドラマの主題歌を担当した宇多田ヒカル(33)の初出場が決まったからだというではないか。その裏には宇多田と母・藤圭子(故人)の母娘二代にわたる和田との確執があった。

「藤が71年に結婚した前川清(68)は、和田が芸能界で一方的に長年思いを寄せ続けてきた人物なんです。それを奪われたあげく、わずか1年で離婚したことに和田は怒り心頭となった。遺恨は娘にも引き継がれ、事あるごとに、番組で宇多田への皮肉を呈すほどです」(芸能プロデューサー)

 一方、世界的知名度を誇る宇多田のためにNHKは三顧の礼で迎えたという。

「籾井会長は『紅組の目玉は宇多田しかいない。何としてでも取ってくるんだ』と鼻息を荒くしていた。テレビ嫌いの宇多田のために『会見は出なくていい』『当日は在住する欧州からの中継』と最大限に譲歩していました。宇多田の機嫌を損ねないためにも、障害となりかねない和田は最初から排除する方針でした。和田にとって母娘二代にわたって“女の闘い”に敗れたわけです」(NHK局員)

 ところが、その宇多田に懸念されるのが“劣化”だ。

「人前で歌い上げる機会を放棄していた結果、全盛期と比べて歌唱力の低下は否めません。今年、音楽番組で歌っているものは全て収録です。現時点では生放送の予定ですが、耐えられないと判断したら録画に切り替えざるをえません」(音楽プロデューサー)

 さて、籾井会長が「白組の目玉」と熱を上げていたSMAPは予想どおり不選出となった。

「NHKも長らく交渉を続けてきましたが、10月頃から事務所は『何とも言えません』と答えるだけで、相手にされていませんでした。業を煮やした役員が『司会で中居正広(44)だけでも起用できないか』と伝えると、ジャニーズ側は『独立を画策し、身勝手に解散した人間に花道なんて作る必要はない!』と大激怒。諦めきれないNHKは中居や草なぎ剛(42)と仲がいいタモリ(71)や、木村拓哉(44)と交流の深い明石家さんま(61)を審査員やゲストでキャスティングすることを匂わせました」(スポーツ紙芸能担当記者)

 現在も、メンバーの心変わりを待っているのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
2
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
3
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
4
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
5
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!