芸能

鬼束ちひろ、「FNS歌謡祭」での異常な震えは和田アキ子と共演しているせい?

20161211onitsuka

 圧巻のステージを披露するも、どうしても過去の暴言が頭をよぎってしまったという人が多かったようだ。

 12月7日に放送された音楽特番「2016FNS歌謡祭 第一夜」(フジテレビ系)に、鬼束ちひろが初出演。代表曲「月光」を12年ぶりにテレビで披露した。

 鬼束といえば、00年のデビュー当初は清楚系な美人といったルックスと高い歌唱力で人気を集め、同曲でブレイク。しかし、10年に当時の彼氏から暴行を受けた事件を境に一気に化粧がぶ厚くなり、暴力的な発言が飛び出すようになったことから精神的なトラブルを疑われる存在となった。

 そんな彼女も現在は落ち着きを取り戻し、現在の見た目はデビュー当時に近くなったとの評判だったが、今回のパフォーマンスではトレードマークとなっているハダシでの歌唱ということもあって、他のアーティストたちとはあきらかに一線を画す独特な世界観を見せていた。

 しかし、視聴者の誰もがギョッとしてしまったのは、何といっても終始、小刻みに震えていたカラダ。歌の後半になるにつれ、その震えはどんどん大きくなり、歌よりもその震えに「見ていて、こっちもおもわず身震いしてしまった」という視聴者が続出する事態となった。

 久々の生放送の音楽特番に緊張していたという説も出ているが、ネット上ではあの大物アーティストと共演が原因では? という憶測が自然と広がっている。

「和田アキ子です。鬼束はメンタルが不安定な時期だった12年にツイッターをスタートさせ、開始早々に『あ~和田アキコ殺してえ。』(原文ママ)と問題ツイートをしたことで世間をザワつかせました。和田はこれに対し、ラジオで『変わった人だよね。とにかく変わった人だから放っておこうね』と反応したのみで、特に反撃には出ませんでした。その後、鬼束は直筆の謝罪文を公開し、詫びを入れたものの、その後に和田との共演は見られなかったため、今回の番組での共演がおおいに注目を集めていました」(エンタメ誌記者)

「いくら謝ったとはいえ、殺すって言ってるんだから、気まずいよな」「さすがに和田に見つめられながら歌うとなると、カラダが震えるのもしかたないよな」「紅白落選した和田も今は情緒不安定だろうから、恐ろしい収録現場だな」など、ネット民からはネタにされまくりだ。

 和田は今回、代表曲の「笑って許して」を迫力満点に熱唱していたが、鬼束の件についても“笑って許して”いることを信じたい。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
4
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然
5
ツッコミに激怒した?霜降り明星・粗品、新春生放送でベテラン芸人と一触即発!