芸能

あの名優の遺作公開で注目、鈴木砂羽、小西真奈美…あの“お蔵入り映画”に光を!

20161211konishi

 先頃、映画「アラビアのロレンス」(日本公開63年)などで知られる名優ピーター・オトゥールの遺作「ダイアモンド・カルテル」が17年に全米で公開されることが発表された。オトゥールが亡くなった13年に完成した作品で、そのまま“お蔵入り”の状態だったが、やっと日の目を見ることになった。

 名優が出ていても公開されない映画は日本にも多く存在する。11年から15年まで広島県尾道市・福山市で開催されていた「お蔵出し映画祭」は、そういう公開されなかった“お蔵入り”作品を上映し、その中からグランプリを決めて公開への道筋を作ろうとした映画祭だった。グランプリ受賞作は、第1回が鈴木砂羽主演の「しあわせカモン」(09年製作)、第2回がドキュメンタリーの「いのちの林檎」(07~11年製作)、第3回は故・三國連太郎主演の「朽ちた手押し車」(84年製作)、第4回はリン・チーリンと池内博之主演による日中合作の「スイートハート・チョコレート」(12年製作)。最後の第5回では小西真奈美と石橋蓮司主演の「トマトのしずく」(12年製作)がグランプリと観客賞をW受賞し、17年1月に公開が決定した。これは長らく疎遠だった父と娘が、娘の結婚を機に歩み寄っていく様を描くもので、亡き母の作っていたトマトが2人を結ぶ感動作だ。また同時期には、やはり第5回で審査員特別賞を受賞した「ゾウを撫でる」(13年初公開)も上映される。

「今や日本映画の公開作は年間1000本とも言われ、その大部分がインディーズ作品。上映館の確保や宣伝の仕方も難しく“お蔵入り”映画が出ることも避けられない状況です。ただ、これらグランプリ受賞作のような見応えある力作が埋もれてしまうことを惜しむ声は決して少なくありません」(映画ライター)

 残念ながらこの「お蔵出し映画祭」は終了してしまったが、別の方法で、まだまだ存在する日の当たらない映画に光を当てる機会が再来することを期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)