芸能

清原和博 友人が明かす有罪判決から7カ月の「都内潜伏生活」

20170105_12l

 16年5月31日、薬物で罪に問われた清原和博(49)に判決が下された。あれから7カ月──。依然として謝罪会見も開かれないままの更生生活、今後の展望について、清原を支援する飲食店経営者I氏の長年の友人が明かした。

「一時期こそ、治療で離れましたが、現在は都内に戻ってきています。ある支援者が所有する高級マンションの一室で、日々、暇を持て余しています」

 こう語るのは週刊アサヒ芸能6月16日号で清原の極秘生活を明かした支援者の友人だ。判決後の清原の生活は闇に包まれている。週刊アサヒ芸能を除けば、9月にフライデーが宮古島でバカンスに興じる様子を報じて以降、音さたがない。

「外出こそしているものの、移動は全て、Iを含め複数の支援者たちが運転する車です。大阪の実家に戻ることもありますが、夜の間に移動しています。宮古島の時もわざわざ関西国際空港まで車で移動していたんですが‥‥」(前出・友人)

 念入りな隠遁生活を送る裏で、番長・清原は球界と袂を分かつ決意を固めたのだという。

「芸能界で再起をかけるんです。球界復帰が絶望的なのは本人も理解していますからね。ですが、それには世間の許しが必要です。実は、16年年末に某テレビ局で放送予定の特番の収録ですでに懺悔告白を行ったんですが、放送前に必要以上に姿をさらすことで世間に悪い印象を植え付けかねない報道が出ることを避けたいのです。今となってはこの番組が清原の人生の一縷の望みとなっています」(前出・友人)

 一方で清原は、ベッキー(32)が“ゲス不倫騒動”から再起が図れていないことを気にし、「まして前科者の俺じゃ、世間は許してくれないのではないか」と不安でピリピリしているという。この空気は支援者たちの間にも伝播しているようで、六本木のサパークラブ「A」の代表取締役を務めるI氏も危惧しているという。I氏は地裁や病院に清原を送迎するだけでなく、入院した病院に張り込んでいたマスコミへ焼き肉弁当を差し入れた人物だ。

「今も週3~4回、清原のもとを訪れ、話し相手になっています。他にも完全個室の飲食店や娯楽施設に連れ出したり、I氏の部屋で“お泊まり会”を実行してきたのですが、今の清原を見ると自分がいない時に『何かしでかすのではないか』と心配なようです。クスリへの関心を食に向けさせようとしていて、自身が一緒にいられない日は高級店の弁当を大量に差し入れています」(前出・友人)

 毎日、電話で連絡を取り合っているI氏は、清原が「あの弁当、チンして食ったけどうまかったわ」と語るたびに安堵しているという。一方で目を光らせているのが、現行犯逮捕までこぎつけた警視庁だという。清原事件の薬物ルートを知るヤクザ組織の幹部が語る。

「清原はセックスのためにクスリを使っていた。外出できないとはいえ、あの快楽を脳が覚えているから自然にクスリを使いたくなる。売人こそ捕まったものの、その上の大物は捕まっておらず今でも売り歩いている。清原は黒い人脈を切るために携帯の番号を変えたが、本音はヤクザの報復が怖いだけで一部の親密な人間には教えているようだ。そこを経由すればクスリなんて簡単に買える。こっちに清原の情報が漏れ伝わっているのが、切れていない証拠だよ。『10~11月頃、お遍路に行っていたようだ』なんて話から、『清原が訪れた港区のそば屋に警視庁の捜査員が訪れた』と双方の話が入ってくる始末だよ」

 世間は清原を受け入れるのか。審判の時が迫っている──。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
2
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
3
半同棲に発展!?ワンオクTaka、芸能界最強ボディの浅田舞と結婚の可能性
4
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
5
綾瀬はるか主演の新ドラマに囁かれる「まるで艶系動画」の“匂い”!