政治

トランプ「28公約と100日計画」で見えた「ネオ黒船」の戦慄正体(3)製造業が「日出ずる国」へ

20170119q3rd

 トランプ政権が日本に求めるのは、中国に対する「不沈空母」化である。1988年からの8年間続いたレーガン政権。当時の「ヤス」の立場に当たるのが、安倍晋三総理(62)というわけだ。

 昨年11月10日には、当選直後のトランプ氏と電話会談を、17日には直接会談を実現し、両者の距離を急速に縮めている。

「不沈空母」復活のためには、両国政権のスタッフの人的関係がむしろ重要である。トランプ氏が、レーガン政権時代の人物を登用していることは前述通り。これに合わせるように、日本では自民党・旧清和会系の老獪な永田町の主たちが、当時交友のあった元レーガン政権のスタッフと関係を密にし始めた。そのコネクションは、安倍政権に受け継がれていくことであろう。

 ところでトランプ政権は「100日計画」を発表しているが、約3カ月の間に、日本も目まぐるしく動くことになる。その一つが公約にあるTPPからのアメリカ撤退だ。

 現在日本では「TPPがなくなると、中国の経済主導力が高まる」という、驚愕すべき主張がある。これこそ「無知の暴論」とも言うべきものだ。

 すでにトランプ政権は中国に対して、これまでの20%から、最大45%の関税を課すことを明言している。それは中国の経済圏にも課せられる。一方で、アメリカは法人税の引き下げを明言している。また、トランプ氏はたとえ米国企業の生産物であっても、海外で作ったものに対して35%の関税をかけることを公言している。もはや中国など諸外国を「生産国」にするメリットはなく、続々とアメリカに生産工場が戻ることになるのだ。

 現実的にトランプ氏の要請に対してアップルのCEOは、アメリカでの生産に首を縦に振った。また、1月3日には、フォードがメキシコでの新工場設立を白紙にしている。

 日本企業も、これまで以上に、アメリカでの現地生産という形でのビジネスが拡大することになる。同時にそれは金融中心の経済構造から、製造業中心の経済構造への転換を意味している。「国民車」などで高度経済成長期を牽引した「通産省」のように、経済産業省は、官僚人事も含めて大変革を迫られそうである。

 また、安全保障の面でも大きな変化が起こることになるだろう。現在、トランプ政権は台湾との関係を急速に密にしており、日本の尖閣諸島から台湾東部海域を経由する、「第一列島線」での中国との軍事的緊張は、さらに高まるだろう。昨年12月15、16日に行われた安倍-プーチン会談を象徴とする日ロ急接近も、トランプ政権の対中戦略に併せたものと考えられている。日本としては北側の安全保障を外交によって高めれば、「第一列島線」に集中できるからだ。

 無血革命で、アメリカは日本に「旨み」を用意している状態だ。これをチャンスとするか問われているのが「今この瞬間」である。今年こそを、日本経済復活元年としなければならないのだ。

経済評論家・渡邉哲也

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!