スポーツ

会場が危険、ホテルがない!「四大陸選手権」で露見した平昌五輪の課題

20170225pyeongchang

 フィギュアスケート「四大陸選手権」が閉幕。女子では三原舞依が初優勝、男子は羽生結弦が2位、宇野昌磨が3位という結果だった。

“プレ五輪”と位置づけられた本大会だったが、かねて不安視されている平昌五輪への課題は今回の江陵会場でも散見されたという。

「四大陸選手権の行われた江陵アイスアリーナは昨年11月に完成、12月14日に正式オープンしました。すぐにショートトラックのW杯が開かれていますが、オープン直前の11月末には、大型電光掲示板が氷の上に落下する大事故があり、W杯では特設の電光掲示板2面を置いてしのぎました。さらに、会場のある江陵オリンピックパークにあった大会の名前を冠したゲートが、四大陸選手権の前に大風の影響で崩壊し、片付けられたといいます。江陵は田舎町でホテルが足りないことは以前から指摘されていますが、近くにあるのは旅館のような小さなホテルが多く、五輪が終われば大規模ホテルの需要もないため、規模の小さいホテル以外は建築の予定もないようです。千数百人規模のクルーズ船を停泊させて活用する代替案も出ていますが、宿泊に混乱をきたすのでは、と危ぶまれています」(週刊誌記者)

 開催が危ぶまれたリオ五輪も無事に迎えられたのだから、韓国にはあと1年、どうにか頑張っていただきたいものだ。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す