芸能

ラブソングはもう無理!青山テルマ、彼氏に対する“恐怖行動”に松本人志も唖然

20170227aoyama

「この人、こんなに怖い人なんだ!?」と、視聴者も思わずドン引きだ。

 2月17日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、歌手の青山テルマが出演。彼氏の携帯のロックを外して内容をチェックしてしまうことを明かした。

 青山によれば、携帯電話を操作する指の動きでロック番号は見抜くことができるようで、年に1回だけ彼氏の携帯電話をチェックしていたとのこと。

 これに坂上忍は「これは最低だよ。絶対やっちゃだめだよ」と注意を入れ、ダウンタウン・松本人志も「それする人、すごく軽蔑する」と、責め立てられた。

 実際、「福岡のあさみちゃんっていうのが出てきて」と、その時に彼氏の遊び女が発覚したことを青山は説明。その後、彼氏には「てかさ~福岡のあさみちゃんって元気かな」と、ふとしたタイミングで恐怖の言葉をぶつけたといい、共演者のみならず、お茶の間の男性たちまで凍りつかせた。

「番組でも“新毒舌の女王”と紹介されていましたが、最近はバラエティで見せるイケイケぶりが話題の青山。これまでは猫をかぶっていたことを認めているだけに、約7年ぶりに青山と共演したダウンタウンも『昔はもうちょっと清楚な‥‥』と、その“キャラ変”ぶりに驚いていましたね。男に正座させて説教したり、自分より遥かに大きいメキシコ人とタイマンバトルをかましたエピソードなども披露していますから、すっかり男勝りなキャラが定着したといっていいでしょう」(エンタメ誌ライター)

 青山といえば、07年にリリースされた遠距離恋愛ソング「ここにいるよ feat.青山テルマ」で一躍ブレイク。翌08年には同楽曲のアンサーソングで、従順な乙女心を歌った「そばにいるね」が大ヒットしたが、その当時にはまさか知ることができなかった、ヤンチャすぎる正体に「この人、本当に怖い」「付き合ったら終わりだな」「『そばにいるね』がここにきてホラーソングに感じてしまう」と、ヒット曲のイメージすらも崩れ落ちてしまったようだ。

 実際、青山のトークはなかなか絶妙。番組制作側としては“しゃべれるタレント”として重宝しているようだが、バラエティでブレイクすることで今後は王道のラブソングを歌えなくなるのではと、いらぬ心配さえしたくなってしまう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ