芸能

若槻千夏、安室奈美恵らを落としたロンブー淳が明かした「7股ヒモ生活」

20170303_asagei_lonbu

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が2月17日、新著「日本人失格」を発売した。もっか自身のSNSをフル活用、ベストセラーを目指してしゃかりきに売り込んでいる。スポーツ紙記者が言う。

「これは田村初の新書です。日本社会の現状について率直な意見をぶつけており、思考停止と依存体質に染まった現代日本を上から目線でバッサリ斬り捨てている。ツイッターでは、『地方に住んでる方からのサイン本が欲しいという要望』のために、『自分の書籍だけをサインを添えて売る本屋』として『BOOKS TAMURA』を開店。自著にサインする様子を撮った写真をアップし、積極的にアピールしています。3月2日現在、売り切れになる盛況ぶりですね」

 2月28日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」では、自著を取り上げて販促に務めた。同書は自身の生い立ち、デビューから売れっ子になるまでの軌跡を網羅しており、「売れない頃、7股ヒモ生活も経験した」とぶっちゃけているのだ。

「上京して3年、21歳の頃です。ようやく風呂付きの家に住めるようになり、嬉しくて女の子に自宅の鍵を配りまくっていたそうです。当然、もらった女性同士が鉢合わせしますよね。ある日、留守中の自宅で美容師と女子大生が鉢合わせしてしまいました。何も知らない田村が自宅のドアを開けて最初に見たのは、美容師が女子大生の髪をバサバサ切っているところ。床に何も敷いてないので、切った髪があたり一面に散乱する、騒然とした現場でした。『あなたとお別れするから』と説明され血の気が引く状況で、田村は笑うしかなかったようです。独身時代は若槻千夏や安室奈美恵、藤崎奈々子、平山あやら数多くの女性タレントと浮名を流し、お笑い界随一のモテ芸人としてブイブイ言わせていた。MCでの切り返しのうまさは数々の修羅場を経験してきたおかげかもしれません」(芸能ライター)

 著書では「思いの9割を活字化、1割を自粛した」と明かした田村。7股ヒモ生活は、胸を張りたい武勇伝らしい。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!