スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ミッキーロケットが頂点に立つ!」

 今週は新設GI「大阪杯」が阪神で行われる。人気は昨年の年度代表馬キタサンブラックと、昨年のダービー馬マカヒキに集まりそうだが、万券王・水戸は穴馬にミッキーロケットを指名。はたして、大波乱は起きるのか!?

 中距離路線の充実を──そうした趣旨で、これまであった「産経大阪杯」をGIにグレードアップして設けられたのが「大阪杯」。今週のメインである。

 同じ2000メートルで争われる秋の天皇賞と相対するGIと言っていいが、このあと3200メートルの春の天皇賞に向かう馬もいれば、マイルのGI安田記念を目指す馬も散見され、顔ぶれはバラエティに富む。新設GIとはいえ、馬券的にも食指を動かされる興味が尽きない一戦だ。

 斤量は定量になるが、コース、距離が同じである以上、前身の産経大阪杯が参考になるだろう。

 馬単が導入された03年以降、これまでの14年間、その馬単で万馬券になったのは2回(馬連1回)。この間、1番人気馬は6勝(2着4回)。2番人気馬は2勝(2着2回)。1、2番人気馬のワンツーで決まったのは2回。比較的順当に収まる重賞と言ってよさそうだ。

 こうしたデータがある以上、人気馬、有力どころの優勢は揺らがないところで、無謀な穴狙いは避けるべきだろうか。とはいっても、キタサンブラック、マカヒキなどのGIで勝ち負けした人気、有力どころから入るのでは、おもしろくあるまい。

 過去を振り返ると、これから充実期に入るであろう4歳馬が圧倒的とも言える活躍を見せている。前述した過去14年間を見ても8勝(うち牝馬が1勝)、2着4回という具合だ。続いて今が年齢からピークと言える5歳馬で4勝(牝馬1勝)、2着4回。つまり、4、5歳馬を軽視するようでは、馬券的中は望みにくいわけだ。

 そんな視点で顔ぶれを眺めてみて浮かび上がるのはミッキーロケットで、穴党としてはこの馬をイチオシしてみたい。バリバリの明け4歳で、これからの活躍が大いに期待される馬であることは、読者ファンも認めるところだろう。

 前走の京都記念は4着と人気を裏切り、ここで有力候補と見られるサトノクラウン、マカヒキの後塵を拝したが、大きく負けたわけではなく、マカヒキとはコンマ1秒差。巻き返しは十分可能だ。

「体に少し余裕があった。位置取りもやや後ろになってしまったし、やむをえない結果。悲観はしていない」

 こう語るのは音無調教師だが、なるほど、前走後はしっかりと乗り込まれ、抜かりのない調整ができている。1週前の追い切りも軽快かつリズミカル。文句のない動きを見せていた。そうであれば、期待していいのではないか。

 菊花賞(5着)など長めの距離を多く使われてきたが、母の父はマイラー系のピヴォタルで、本質的には2000メートル前後が最も合っているはず。強烈な瞬発力が武器でもあり、脚質的にも中距離向きであることがわかる。

 ランドシーア(GI仏2000ギニー、GIキーンランドターフS)など近親、一族に活躍馬が多く、血統からも頂点に立っていい馬。良馬場条件に大きく狙ってみたい。

 穴中の穴としてオススメしたいのは、アングライフェンだ。この顔ぶれの中に入っては格的に最も劣るが、使われながら確実に地力強化されていることを見逃してはならない。

 前々走の京都記念は、強敵相手に見せ場たっぷりの好内容。前走の金鯱賞は、出遅れて後方から。それが全てだった。それでも勝ち馬とはコンマ5秒差。本来は先行力があり、好位で立ち回れる馬。阪神コースに良績はないが、不向きとは思えない。

 トランセンド(JCダート連覇を含むGI4勝で、ドバイワールドC2着)が近親におり、秘めた能力は高い。道悪になれば大勢逆転があっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
4
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
5
真美子夫人がやり玉に!大谷翔平レッドカーペット「日本人の褒め方」が明らかにオカシイ