政治

自民党現役衆議院議員「薬物逮捕」Xデーの核心!(1)関係のあった女性の逮捕で…

 森友学園問題で揺れる永田町が、自民党の国会議員の“シャブ逮捕”情報で激震している。新たな爆弾の炸裂で政権は窮地に陥るのか。火消し工作に躍起となる「画策」の全貌を全て書く!

「西日本選出の自民党現職衆議院議員Xが、薬物の取締法違反で逮捕される」

 そんな情報が、政治部記者ばかりか国会議員の間を飛び交ったのは3月27日のことだった。ある社会部記者が語る。

「この話が浮上したのは、2度目です。今年2月にXの愛人であるAが、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、いよいよX逮捕も間近かと緊張が走っています」

 まず動き始めたのは、Xの地元メディアである。森友学園の問題もあって、官邸も無視できなくなり対応に動いたという。政治部記者が証言する。

「菅(義偉官房長官=68=)さんが、Xに真偽を確認すると本人はかたくなに否定したそうです。Xは党の要職に就いていますが、話が話だけに次の選挙に影響しかねない。要職辞任の考えはないか尋ねても、一貫して拒否したそうです」

 こうしてこの問題は、1度は立ち消えになっていたのである。

 そもそもXが捜査線上に浮上したきっかけは、意外なものだった。14年にミュージシャンのASKA(59)が、警視庁組織犯罪対策第五課に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された一件が発端である。ASKAは愛人のBさん(37)=当時=が住むマンション内で覚醒剤を所持、使用し、Bさんも同じ容疑で逮捕された。社会部記者が続ける。

「当時Bさんはパソナグループの代表・南部靖之氏(65)の秘書という肩書でした。パソナグループは東京、元麻布に『仁風林』という接待施設を持っており、分野を問わず有名人、著名人が招かれたり、訪れたりして異業種交流会が行われていました。ASKAも参加者ですが、接待する女性は『喜び組』と呼ばれていました。代表の秘書だったBさんは『喜び組』の一人で、『ちゃん』付けで参加者から親しまれていました。そうしてASKAと出会ったのです」

 一連の裁判でBさんは、一貫して無罪を主張。シャブを使用したASKAと、避妊具を使わないでSEXしていたと証言した。またSEXに集中するため、インターホンや電話が鳴らないようにASKAが行為前にブレーカーを落としていたことも暴露。ただれたシャブSEXの一部始終が、法廷で明らかになった。

「Bさんの捜査過程で、Xと愛人Aの名前が浮上します。しかし、その一件に注目したのは、ASKAを逮捕した警視庁組対五課ではなく、厚生労働省の麻薬取締部、通称『マトリ』だったのです」(前出・社会部記者)

 こうして「マトリ」の内偵捜査が始まったのである。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス