政治

「空爆確率50%」トランプが金正恩抹殺のXデー!(3)サリンミサイルが日本を襲う

 近藤氏が続ける。

「金正恩氏がソウルにミサイルを撃ってくるなど、風説の流布に振り回されています。株価は下落を続け、外資系企業も撤退。事態を沈静化させるため、韓国国防部が11日に緊急会見を開き、惑わされないように注意を呼びかけました」

 それでもSNS上には若い世代を中心に、不安の声が噴出。韓国政府の火消しは失敗している状態だ。

「米朝開戦」のXデーが近づき、日本でも有事に備えての警戒が強まっている。13日の参院外交防衛委員会で、安倍晋三総理(62)が北朝鮮の弾道ミサイル技術について、

「(化学兵器の)サリンを弾頭につけて着弾させる能力をすでに保有している可能性がある」

 と驚くべき発言で警鐘を鳴らした。ある防衛省幹部もこう話す。

「防衛省内では、米軍が北朝鮮に空爆する確率は50%と見ています。これまでにない異常に高い確率で、不測の事態に向けて動きだしています。その際、北朝鮮の“報復対象”として、日本に攻撃の矛先が向くこともありえます」

 金正恩氏がソウルだけではなく、日本にミサイル攻撃を仕掛けてきた場合、迎撃することはできるのか。潮氏が説明する。

「ミサイル防衛は海上の『イージス艦』と、地上に配備された『PAC3』で対応します。例えば、北朝鮮が中距離ミサイル『ノドン』を1発撃ってきたら、約9割の確率で迎撃できます。ただし、迎撃できる能力の限界よりも多くのミサイルで攻撃する『飽和攻撃』を受ければ、日本に着弾する可能性はきわめて高いでしょう」

 3月には、北朝鮮は中距離弾道ミサイル「スカッドER」をその迎撃能力以上の4発を同時に発射して、日本海に落下させ、いつでも飽和攻撃ができる能力があることをアピールした。前出・潮氏が続ける。

「日本の法律で『重要影響事態』になれば、自衛隊は米軍の後方支援を行うことになります。航空自衛隊が米軍戦闘機の空中給油をすることもできますが、北朝鮮からすれば『利敵行為』と見なされ、岩国基地などを狙い撃ちされることもあります」

 井上氏も北朝鮮の「脅威」をこう話す。

「今の段階では、核弾頭をミサイルに搭載できるほど、小型化には成功していないと思います。それでも科学技術の進展スピードは早く、失敗を何度も繰り返すうちに、成功させることは考えられます」

 日本の「平和」はトランプ氏に頼るしかないのか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来