女子アナ

まるでアノ行為!川田裕美アナの“ジュージュー吸い”に視聴者が鼻血

 さすがに、食べ方にクセがありすぎた。

 4月16日に放送されたバラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)にて、フリーアナウンサーの川田裕美が発したある言動が妄想を呼び起こすと、いまだに話題性を発揮している。

 この日は「甘いモノ食べちゃう芸人」として、甘党の芸人たちが出演。そこに大の甘いモノ好きである川田も加わった。

 各々が一押しの甘いモノをプレゼンするなか、川田は東京三大豆大福の1つといわれている松島屋の豆大福をプレゼン。その際に川田が披露したオススメの食べ方が、男性視聴者をドギマギさせてしまったのである。

「川田のオススメは『中を吸い出して食べる』というもの。まず一口、豆大福を食べたあとに大きく口を開いてその部分を覆い、バキューム気味に吸い付きながら食べるというものでした。そんなインパクト十分の食べ方に誰しもが、情事の一連の流れにある“あのアクション”を想起。ネットを中心に歓喜と困惑でお祭り騒ぎになりました」(エンタメ誌ライター)

 興奮した視聴者の中には、そのシーンだけを何度も繰り返し再生するというマニアも出現したという。

「スキップが上手くできなかったり、いろいろと不器用なところの多い川田ですが、少しふっくらしたビジュアルも愛らしいことから、おじさん世代には密かに人気が高い。それで今回の“ジュージュー吸い”ですから、ますます人気が上がりそうです」(週刊誌記者)

 この行為を受け、ネット上には「最近、かわちゃんがイイ」などと好意的なコメントも出現。「ちょうどよい天然感」「意図せず男を虜にするタイプ」など、総じて好感度アップといったムードだ。

 加藤綾子の参戦もあって飽和状態を迎えているフリーアナ業界。いっそのこと川田は徹底した“ジュージュー路線”で、オッサン心を鷲づかみにするのがいいのかもしれない。

(権田力也)

関連記事:演技?それとも素?川田裕美の“驚愕スキップ”に視聴者の意見が真っ二つ http://www.asagei.com/excerpt/73416

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
剛力彩芽、「収入激減」報道でネット上は“ここぞとばかりの冷淡反応”だらけ!