女子アナ

まるでアノ行為!川田裕美アナの“ジュージュー吸い”に視聴者が鼻血

 さすがに、食べ方にクセがありすぎた。

 4月16日に放送されたバラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)にて、フリーアナウンサーの川田裕美が発したある言動が妄想を呼び起こすと、いまだに話題性を発揮している。

 この日は「甘いモノ食べちゃう芸人」として、甘党の芸人たちが出演。そこに大の甘いモノ好きである川田も加わった。

 各々が一押しの甘いモノをプレゼンするなか、川田は東京三大豆大福の1つといわれている松島屋の豆大福をプレゼン。その際に川田が披露したオススメの食べ方が、男性視聴者をドギマギさせてしまったのである。

「川田のオススメは『中を吸い出して食べる』というもの。まず一口、豆大福を食べたあとに大きく口を開いてその部分を覆い、バキューム気味に吸い付きながら食べるというものでした。そんなインパクト十分の食べ方に誰しもが、情事の一連の流れにある“あのアクション”を想起。ネットを中心に歓喜と困惑でお祭り騒ぎになりました」(エンタメ誌ライター)

 興奮した視聴者の中には、そのシーンだけを何度も繰り返し再生するというマニアも出現したという。

「スキップが上手くできなかったり、いろいろと不器用なところの多い川田ですが、少しふっくらしたビジュアルも愛らしいことから、おじさん世代には密かに人気が高い。それで今回の“ジュージュー吸い”ですから、ますます人気が上がりそうです」(週刊誌記者)

 この行為を受け、ネット上には「最近、かわちゃんがイイ」などと好意的なコメントも出現。「ちょうどよい天然感」「意図せず男を虜にするタイプ」など、総じて好感度アップといったムードだ。

 加藤綾子の参戦もあって飽和状態を迎えているフリーアナ業界。いっそのこと川田は徹底した“ジュージュー路線”で、オッサン心を鷲づかみにするのがいいのかもしれない。

(権田力也)

関連記事:演技?それとも素?川田裕美の“驚愕スキップ”に視聴者の意見が真っ二つ http://www.asagei.com/excerpt/73416

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】