スポーツ

知らなきゃ獲れない「夏競馬」の3大因縁バトル!(2)デムーロが「数はいらない」

 昨年、初の東西リーディングに輝いた戸崎圭太(36)は、今年も福島で勝ち星の量産をもくろむ。スポーツ紙記者が話す。

「戸崎はルメールと有馬記念の直前までトップを競ったが、夏の福島参戦時に『ここで弾みをつけたい』と気合いを入れ直し、7勝で2位の蛯名と内田博幸(46)を大きく離し、18勝でした」

 今年、その戸崎に待ったをかける存在が、絶好調の田辺裕信(33)だ。

「福島は田辺の地元であり、ライバル心を燃やしている。5月21日に落馬負傷し、14勝差(6月5日現在)だが、ダービー騎乗もセーブして治療に専念し、すでに復帰。体調万全で一騎打ちが濃厚です」(スポーツ紙記者)

 特にダートでの戦いが見ものになりそうだ。

「戸崎騎手は芝よりダートで圧倒的に好成績です。芝は複勝率33.3%と平凡も、ダートは複勝率41.8%。一方の田辺騎手も、16年以降に限ると、ダートで【4 5 6 14】で、複勝率は51.7%、複勝回収率は138%に達しています」(伊吹氏)

 地方競馬で腕を磨いた戸崎と東の剛腕・田辺のガチンコ勝負はダート戦で火花を散らしそうだ。

 中京は今年も昨年20勝の福永祐一(40)と12勝のM・デムーロ(38)の戦いとなる。

「2人の騎乗スタイルは意外にも正反対。有料サイトのコラムで『誰か動いてくれれば』などと連発している他力本願タイプの福永に対して、デムーロは積極派。ただ、そのデムーロも東西リーディングの初タイトル奪取には色気なし。『(乗り)数はいらない』と馬の質を重視している。平場戦は福永、メインでデムーロ狙いがよさそう」(スポーツ紙デスク)

 中京の過去の成績からも明らかで、

「(デムーロが)JRAの騎手免許を取得した15年以降に限ると、中京の11Rと12Rの複勝率が45.7%、複勝回収率は139%。また、ダート1400メートル以上の複勝率も48.4%と安定感抜群です。福永騎手はリニューアル後の09年を境に成績がアップし、複勝率が46.3%。『常に押さえるべき存在』と言ってもいいくらいで、前走が国内のレース、かつ前走の単勝2番人気以内だった馬であれば複勝率60.7%です」(前出・伊吹氏)

 騎手戦略を頭に入れて馬券収支もアップといきたい。

※記事中のデータはJRA主催のレースのもので、特に記載のあるものを除き、17年5月28日終了時点のものです。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】