芸能

天才テリー伊藤対談「熊田曜子」(1)子どもたちのため沖縄ロケも日帰り

●ゲスト:熊田曜子(くまだ・ようこ) 1982年、岐阜県生まれ。2001年の高校3年時に「ミスマガジン」に応募。最終選考まで残るが母親の反対により辞退し、看護学校へ進学。が、夢を諦めきれずオーディション雑誌に応募、現在のタレント事務所に合格する。デビュー後、グラビア活動を開始し、数多くの雑誌を席巻、“グラビア黄金時代”と言われた00年代前半を代表するグラドルとなる。これまでに36冊の写真集と、55本のDVDをリリースしている。12年、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で一般男性との結婚、妊娠を発表。現在は2女の母。現在、5年ぶりとなる最新写真集「THE GREATEST!」(講談社)が好評発売中。

 子どもを2人産んでなお抜群の美貌とプロポーションをキープ、グラビアアイドルの最前線に立ち続ける熊田曜子。このたび36冊目の写真集も発売、母親とセクシータレントをみごとに両立させているが、まだまだ不満の天才テリーは、さらに魅力に磨きをかける方法を伝授する!?

テリー 前回、ちょうど岸明日香ちゃんと熊田の話をしててね。

熊田 フフフ、悪口だったんじゃないですか?

テリー いやいや、「2人も子どもを産んでグラビア仕事ができるなんてすごい」ってホメてたんだよ。

熊田 本当ですか? じゃあ最新写真集を持って来たので、ぜひ見てください。

テリー どれどれ(と写真集をめくり)、わ~、この写真はイヤらしいな。

熊田 あっ、やっぱりテリーさんもお尻派なんですね。昔、男の人は若い時ほど胸が好きで、年齢を重ねるとどんどんお尻が好きになるって聞きました。

テリー 確かにお尻も好きだけど、それに加えて妖艶な感じが出てきたよ。オッパイも大きくなったんじゃない?

熊田 これ、2カ月ぐらい前に撮影したんですけど、その時はまだ授乳中だったので、胸がパンパンだったんです。1人目の時はJカップになったんですけど、それより大きくなってるかもです。このあと断乳したので、今はビックリするほどしぼみましたけど(笑)。

テリー 何で俺に内緒で断乳するんだよ!

熊田 逆に何で報告するんですか(笑)。

テリー いいじゃないか、もう長いつきあいなんだから。言ってくれれば、最後の締めに行ったのに。

熊田 断乳に“締め”とかないですから(笑)。

テリー で、パンパンに張ったオッパイって、しぼむとどうなるの? 伸びた皮がたるむ感じ?

熊田 そうですね、空気がなくなった風船を想像してもらえれば。

テリー ちょっと見せて。

熊田 アハハハハ! 今の自然な流れっぽいお願いでしたけど、見せませんって。

テリー ちぇっ、やっぱりダメか(笑)。でも、どうやってこんなプロポーションを維持してるのさ?

熊田 ジムやエステには行ってなくて、子どもと全力で遊んでいるだけですね。5分と椅子に座っていられる時間がないんですよ。

テリー 上の子は、もう幼稚園なんだろう?

熊田 そうです。だから毎朝6時に起きて御飯の支度をして、9時には主人が長女を幼稚園に送ってくれるんですね。

テリー で、そのまま旦那は仕事に行くんだ?

熊田 はい。で、そのあとに次女と一緒に公園に行って、帰ってきたら午前中のうちに夕食も7割方作っておくんです。子どもが2人いると、ゆっくり料理も作れないので。

テリー そんな調子で夜まで続いて、しかもそれが毎日だもんな。こういう写真集を出してるけども、今の熊田は「芸能人」よりも「ママ」なんだな。

熊田 いえいえ、普通にやっています。いただいたお仕事は、ほぼ喜んで受けさせていただいてますから。

テリー でも、子どもがいるとなかなかに大変だろう。写真集の撮影だって、ロケに行ったんだろうし。

熊田 はい、沖縄で撮影があったんですけど、家を長く空けられないので、日帰りのスケジュールで。

テリー わ、沖縄まで行って日帰りなんてもったいない。ホント、偉いよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挨拶をガン無視!野性爆弾・くっきーが殺したいほど嫌う芸能人とは?
2
中居正広と共演NG?日テレ市來玲奈、「金スマ」完全無視で視聴者から批判殺到!
3
リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!
4
YOSHIKIがToshIと絶縁!?X JAPANに急浮上した空中分解の危機
5
闇に葬られた「放送禁止」作品(7)松山ケンイチ主演ドラマのスポンサー6社中5社が降板