女子アナ

フジとテレ東の新人アナ「2人の“暁子”」の「艶・実力・将来性」を徹底比較

“暁子”という名前の2人の新人女子アナが今、注目を集めている。1人は、フジテレビの久慈暁子アナ。もう1人は、テレビ東京の角谷暁子アナだ。

 久慈アナは青山学院大学在学中から女性誌「non-no」の専属モデルを務めるなど、芸能活動を開始。入社後は深夜のトーク番組「アナパンシリーズ」のMCに抜擢され、「クジパン」として7月3日から放送が始まった。同じく10日からは朝の情報番組「めざましテレビ」のレポーターとしてレギュラー出演を果たすなど、フジの期待を一身に背負っている。

 一方、角谷アナは慶應義塾大学出身。「ミス慶應」にも輝いた美貌の持ち主だが、大学ではジャーナリズムを学ぶなど、当時から報道に携わりたいという硬派な一面もあった。入社から1週間足らずで情報番組「7スタライブ」でMCを任され、7月31日放送の特別番組「ヒャッキン!?世界で100円グッズ使ってみると??」では、初のゴールデン番組の単独MCを務めることになった。

「メディア慣れしていることもあり、久慈アナの評価は上々です。フジとしては、“ポスト・カトパン”の有力候補として今後も育てていくつもりでしょう。ただ、巷では『かわいいけど、性格はどうなの?』『女子アナというよりはタレント』など、厳しい意見も飛び交っています」(女性誌記者)

 一方、角谷アナに関しては「スタイルとか普通なのに、なぜミス慶應になれたんだろ、不思議」「美人とはいえないけど、クセになる顔立ち」など、角谷アナも確かに美しいが、世間の反応を見ると、容姿に関しては、久慈アナに軍配が上がりそうだ。

「ただ、角谷アナは入社直後から情報番組のMCに抜擢されたことからもわかるように、将来は同局の大江麻理子のような看板アナとして期待されていることは間違いありません」(前出・女性誌記者)

 今のところは、華やかさの久慈アナに対して、将来性の角谷アナ、といったところか。今後も、2人の暁子に要注目だ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”