スポーツ

プロ野球「暴走王」タイトル争い(3)ヤクルト・山田哲人は夜は絶好調?

 低迷シーズンのうっぷんを晴らすがごとく、巨人だけが夜の暴走王を輩出するばかりのようだが、他球団も黙ってはいない。山口の古巣であるDeNAでは、球団関係者が「やっかい払いできてよかった」と安堵する一方で、こんな危惧も芽生えているという。

梶谷隆幸(28)がマネージャーに命令して、決まって遠征先のホテルの別フロアにもう一部屋とらせるんです。これを見た若手選手がそれをマネしだしている。よけいなトラブルを招きはしないか、気が気でないですよ」(球団関係者)

 一方、3年連続トリプルスリーは絶望的となったヤクルト・山田哲人(25)だが、夜のほうはすこぶる絶好調だという。

「民放局のプロデューサーが一緒になって、タレントみたいな子たちと、とっかえひっかえ飲んでますね。体の故障に加え、実は私生活で女性ストーカーに悩まされていて、心身ともにいっぱいいっぱい。本来なら自宅で静養すべきでしょうが、今のチーム事情なら飲まなければ、やってられないのでしょう」(スポーツニューススタッフ)

 すでに神宮球場では、真中満監督(46)の解任を求めるヤジが飛び交う始末だから、チームの雰囲気もさもありなん。

バレンティン(33)も外苑前や六本木を飲み歩いていますね。『来年はメジャーに帰りたい』と口にする主砲は、チーム状態の悪さも手伝ってか、酒と女で発散しています。口癖は『アイ・ラブ・ロッポンギ』です」(球団関係者)

 対照的に、終わりが見えない“鯉のぼり”と絶好調、広島を牽引する鈴木誠也(22)は5月に「週刊ポスト」誌上で深夜の合コンを報じられた。路上で金髪美女の胸を揉みしだいて持ち帰るという“神ってる”サマを見せつけたものだ。

「遠征各地で飲み歩いている姿を見ます。大一番の前日でも、深夜に宿泊するホテルを抜け出すシーンが目撃されている。打撃同様に遊びも思い切りがいいようです」(スポーツ紙デスク)

 阪神では約1年ぶりに1軍復帰した西岡剛(33)が、暴走チャージをかけてきている。

「面倒見がよく、後輩から慕われていますが、いまだに思うようなプレーができていないこともあってか、すぐに声を荒らげてしまうことが多い。試合後に酒が入るとさらにその傾向は強まって、店にイチャモンをつけることもある」(球界関係者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し