芸能

国生さゆりは「大魚」を逃した?メッセンジャー黒田有の極貧時代が壮絶すぎ!

 古くは、そのまんま東(東国原英夫)とかとうかずこ、スピードワゴン・井戸田潤と安達祐実など芸人が女優と結婚・離婚することは珍しくない。昨春、ゴールイン間近と報じられながらも破局した芸人&女優カップルといえば、メッセンジャー・黒田有と国生さゆりだ。“第二のやしきたかじん”とも言われる黒田は、全国的知名度こそ低いものの、関西では今やカリスマ。常に冠番組を抱える超売れっ子だ。演芸シーンに詳しいフリージャーナリストは言う。

「漫才師、司会者、フリートークのどれをとっても超一流。そのルーツは、生い立ちにあるといえるでしょう。幼いころに両親が離婚して、お母さんは女手一つで4人の息子を育てたんですが、次男の有さんは2度も捨てられているんです。最初は神社。2度目は小学3年生の時で、近鉄八戸ノ里駅近くの高架下。いずれも長兄が救っていますが、“捨てられていた”と知ったのは、23歳の時。ショックのあまり、2日間泣き続けたそうです」

 実話のどれもが壮絶。離婚した際、父が母に渡した“養育費”は、ミカン箱だけだった。6畳と4畳半の二間に家族5人が住み、トイレの壁が破損していたため、外が全見え。初めて実家を見た黒田の彼女が泣いたほどだ。

「小3からアルバイトをしていたんですが、幼少の頃には家で寝ていたら、お腹をすかせたネズミに左耳をかじられています。ネズミが飢餓状態になるほど、文字通り食うに困っていたんです」(前出・フリージャーナリスト)

 今でも、左耳たぶが欠けている黒田。生き様そのものがネタになる。そんなオトコと再々婚していれば、国生は“オンナの株”が上がったように思えるのだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」