社会

テレ東・進藤キャスターはいくら払う?「ハラスメント裁判」巨額賠償の怖い例

 テレビ東京の報道番組「ゆうがたサテライト」のメインキャスターを務めていた進藤隆富氏が、20代ADにキスを迫るなどして番組降板になっていた。看板番組「ワールド・ビジネス・サテライト」のキャスター、ニューヨーク支局にも勤務した「エース社員」の失態だけに、局も頭を抱えているようだ。

 社内での立場を利用して、女性を不快にさせる性的な言動をする「セクハラ」は、いまなお被害者が後を絶たない。東京都産業労働局に寄せられたセクシャルハラスメントに関する相談件数は、平成28年度1555件、平成27年度1198件、平成26年度1162件と、再び増加傾向にある。酔った勢いで、あるいは軽い気持ちから、途轍もなく大きな代償を払わされることもあるから要注意だ。

 これまでのセクハラ裁判の判例を見てみると、レイプをされた、トイレを覗かれたなど、明らかに刑事告訴を免れないものが大多数を占める中、男側にしてみれば、「相手も満更でもないだろう」との思い込みや、親愛の気持ちで行ったであろう行為が裁判になるケースも目立つ。

 例えば、日銀京都支店の女性社員が支店長と日銀を相手に起こした裁判。支店長は「仕事上の意思疎通を図るため」と女性社員をホテルに誘い、キスや体を触るなどの行為に及んだ。京都地裁は約670万円の支払いを日銀と支店長に命じている。

 03年7月、静岡県のコンビニ店長はアルバイト女性にレジの打ち方を教える際、どさくさに紛れて尻や胸を触って55万円の支払いを命じられた。

 04年7月、神奈川県厚木市では、記念撮影の際、女性職員を膝の上に座らせ「不貞しよう」と囁いた係長に220万円の支払い判決が示された。女子大生に膝枕を強要した島根大学の教授にも220万円の支払い命令が出ている。

 ある社内での飲み会の後、酔った勢いでタクシー内で女子社員に強引にキスをして裁判に訴えられた会社重役が、失職したうえ、退職金5000万円も返納になったケースもある。

 どの行為も「悪気はなかった」「嫌がっていると思わなかった」では済まされない。これがセクハラ男の「順当な末路」と肝に銘じたい。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
有働由美子、NY住居の家賃は70万円!?明かしていたNHK時代の駐在生活とは