スポーツ

鈴木明子も悩んだ「あの症状」でロシアのリプニツカヤが引退へ?

 8月28日、タス通信がソチ五輪のフィギュアスケート団体金メダリストであり、五輪最年少メダリスト記録も持つロシアのユリア・リプニツカヤ選手が引退をしたと報じた。

「リプニツカヤ選手は元フィギュアスケート選手の鈴木明子が現役時代に一時期、競技生活を離れることを余儀なくされた時と同じ『拒食症』で悩んでいたようで、17年の頭には拒食症の治療を受け、その治療の終わった直後の4月に引退を決めたそうです。昨年のロシア杯の際には、練習場の帰り道で転んで骨折し、欠場せざるを得なかったんですが、拒食症の影響で骨折しやすくなっていたのかもしれません。5月頃にはタラソワコーチが、『リプニツカヤはもう競技に戻れないだろう』とロシアのメディアに話していましたし、五輪の第一次強化選手にも選ばれていませんでした」(スポーツライター)

 一見、気の強そうな顔立ちのリプニツカヤ選手だが、シニアデビューした頃、記者会見で年の離れた鈴木との競演について聞かれ「別に…」と答えたあとで、バックステージで鈴木に、「うまく答えられなくてあんなふうに言ってしまってごめんなさい」と謝ったとも伝えられている。そんな繊細な神経の持ち主だけに、心を傷つけることも多かったのだろう。

 7月には、ふっくらしているリプニツカヤの姿がネットで取り沙汰され、「私はみんなを喜ばせるために37キロでいなければいけないの?」とコメントしたという。まだ19歳。拒食症を克服できたのであれば、これまでの栄光を胸に、体重のことも気にせず、普通の少女としての生活を満喫してほしいものだ。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」