政治

“幹事長落ちた!”山尾志桜里、「W不貞報道」前に語っていた「意味シンな抱負」!

「保育園落ちた日本死ね!!!」という、民進党の山尾志桜里衆院議員が、国会で取り上げ、一躍彼女を有名にした「有権者の声」を皮肉って、他党の議員にはツイッターでこう皮肉られた。

「次は期待しています!『幹事長落ちた、民進党死ね。』」

 9月7日発売の週刊文春に、幹事長に内定した9月2日夜に9歳下のイケメン弁護士・倉持麟太郎氏と「W不貞」に及んでいたことなど2人の不適切な関係が詳細に報じられ、急きょ人事が差し替えられてしまった山尾氏。昨今、続出する類似の国会議員の不貞騒動のケースと同様、離党もしくは議員辞職は避けられないとの見方が広がった。

 が、それにしても、クリーンさを売りに頭角を現してきたはずなのに、不貞で議員辞職した宮崎謙介元衆院議員ではないが、ここまで周囲の期待を裏切らなければならないほど「人間としての欲が勝ってしまった」背景には何があるのか。かつて、民進党政調会長就任直後の雑誌のインタビューに「民進党の躍進にかける意気込み」をこう話していた。

「私はいい社会をつくるためには、政治家自身がいい人生を送らないといけないという考え方です。だから短い時間でも家族との時間は大切にしたい。昔は政治家は滅私奉公で、国のために自分の人生を投げ出すのが当たり前、そうでないと生きて行けないという世界だったと思いますが、時代は変わっています。自分がいい人生を送らないと国民の本当の望みを聞くという重要な役割が果たせませんから」(「週刊現代」16年4月16日号)

 政界ジャーナリストが言う。

「今になってみると、彼女のホンネがにじみ出ている発言のように深読みできますね。自分自身が『いい人生』を送らないといけない、と繰り返し強調していますが、あくまで『自分1人にとっての充実した人生』という意味に聞こえますし、家族との時間についても『大切にしたい』と言いながら『短い時間でも』と前置きしているのは、一見、多忙な仕事ゆえの自然な言葉に思えます。でも、結局、家族を欺き、家族との生活を切り詰め、議員活動も含めて“自分の没頭できること”に時間を使うための方便だったのか──そんなふうにさえ感じてしまいますよ」

 ちなみに、週刊文春によれば、山尾氏と弁護士の関係が始まったのは「昨年頃」とのこと。いずれにせよ、このインタビュー時も、山尾氏の頭の中が「リア充」だったことは間違いなさそうだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
4
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?
5
ジャニとの交際で変わった?有村架純への「文春砲」にファンが安堵したワケ