芸能

天才テリー伊藤対談「原田真二」(1)高校時代は毎日が音楽漬けでしたね

●ゲスト:原田真二(はらだ・しんじ) 1958年、広島県生まれ。77年、18歳でシングル「てぃーんず ぶるーす」でデビュー。続いて「キャンディ」「シャドー・ボクサー」と3カ月連続でシングルを発売、3曲同時にオリコンベスト20入り、日本音楽史上初の快挙となる。78年発売のファースト・アルバム「FeelHappy」はオリコン史上初となる初登場1位を獲得。80年には個人事務所を設立、よりロック色の強い方向へ活動をシフト。松田聖子、小泉今日子、沢田研二、吉川晃司などへの楽曲提供やプロデュースをはじめ、CM・TV番組テーマ曲・ミュージカル音楽など多方面で活躍。2000年、心の環境整備を訴える環境チャリティー「鎮守の杜コンサート」スタート。NY国連本部・国連軍縮会議をはじめ欧米・フィリピンでの演奏も継続し、音楽を通じ、周りを思いやる優しさ「大和」の心を世界中に届ける活動を展開している。今年7月、40周年記念シングルコレクション「タイム・トラベル」発売。11月11日にはEXシアターにて記念コンサートを開催。

「てぃーんず ぶるーす」「キャンディ」など数々のヒット曲でデビュー直後から人気爆発、甘い歌声とグッドミュージックで今なお根強い人気を誇る原田真二。デビューまでの経緯や、意に沿わないアイドル扱いへの悩み、音楽シーンの未来について天才テリーに熱く語った!

テリー 原田さんがデビューしてから、もう40年もたつんですね。

原田 ええ、来月でちょうどデビュー40年です。

テリー 僕ね、原田さんがデビューした時、まるでポール・マッカートニーみたいな、こんなに新しい感性のミュージシャンが日本から出てきたことに、すごく驚いたんですよ。だからこそ、あれだけの大人気になったと思うんですけど。

原田 いやいや、そんな。

テリー しかも、ルックスもジャニーズみたいにかわいくてね。確かデビューアルバムのジャケットは、テーブルに置かれたケーキを前にしてニッコリ笑っていましたよね?

原田 やっていました。しかも、蝶ネクタイなんかしてね(苦笑)。

テリー ああいう売り方はイヤだったんですか?

原田 自分としては、ロックがやりたくて広島から上京してますから、アイドルみたいに見られることに違和感はありましたね。

テリー 当時は、どんな音楽を聴いていましたか?

原田 僕はもっぱら洋楽ばかりです。最初はテレビで「ザ・モンキーズ」を観て音楽に興味を持ったんですが、僕らの世代は中3ぐらいの時にFM局が全国に一気にでき始めて、洋楽がたくさん入ってくるんです。僕は中でもエルトン・ジョンにハマりまして、ピアノを始めました。中2でギターを始めて、コードなどの理論はある程度わかっていたので、それを鍵盤に置き換えた感じでしたね。

テリー でも、ギターとピアノって全然違うじゃないですか。どこか学校に通ったんですか?

原田 いや、まったくの独学です。例えば、和音、コードの理論とか何となく頭に入っていましたから、それを弾きながらリズムをとればエルトン・ジョンみたいな雰囲気になるぞって。

テリー その辺りからして、もう凡人とは全然違うんだよなァ。となると、高校時代は当然、バンドも組んで。

原田 そうですね。常に5、6個は掛け持っていました。エルトン・ジョンやポール・マッカートニー、スティービー・ワンダー、ちょっと系統は違いますがT・レックスなどのコピーバンドもやっていましたし、ヤマハの管楽器の先生たちがやっていたビッグバンドのオーディションを受けて、ギターで参加していたこともありましたし。

テリー 高校生でビッグバンドに? すごいな。

原田 あとはジャズバンドもやってました。高校時代はとにかく毎日音楽漬けで、引っ掛かるものは何でもやっていましたね。

テリー 資料によると、ご両親とも教育関係の仕事ですよね。そんな状況で、「勉強しなさい」とは言われなかったんですか?

原田 そうですね。成績はどんどん落ちていったんですが(笑)、何も言わず、すごく協力的でした。

テリー 優しい親御さんだな。そういう環境じゃないと、偉大な才能は伸びないのかもね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美