芸能

山尾志桜里「W不貞疑惑」相手のイケメン弁護士にはどんな逆風が吹く!?

 9月7日発売の週刊文春にて山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士の「W不貞」疑惑がスクープされた。これにより山尾氏は民進党幹事長の内定を取り消され、9月8日に、前日に提出した離党届が受理されたが、お相手の倉持氏にも相当な逆風が吹きそうな勢いだ。

 その倉持氏は改憲反対派の論客として活躍。反対派の弁護士により結成された「明日の自由を守る若手弁護士の会」で活動するほか、安保法案の参考人質疑にも参加するなど積極的な発言を続けていた。15年にはSEALDsのメンバーと共著で安保法に関する本も出版している。

「今年4月には朝日新聞社が運営する論壇サイト『WEBRONZA』の筆者に就任したばかり。テレビでは『モーニングCROSS』(TOKYO MX)や『ユアタイム』(フジテレビ系)でコメンテーターを務めるなど、若手きっての論客として頭角を現していたところです。しかも政治スタンス的には相容れないはずの産経新聞でも、女性の後姿を撮影した公務員の処分を巡って弁護士としての見解を寄せていました。それほどの活躍を見せる人物だけに、今回の不貞疑惑についてはあまりにも軽率なことに驚かざるを得ません」(週刊誌記者)

 そんな脇の甘さが今後の倉持氏の活動にどう影響するのか。週刊誌記者はこう続ける。

「ただちに影響が出るのはテレビ出演ですね。視聴者からの反発がありますからコメンテーター降板は確実でしょう。また新聞などのメディアを通した発言や、参考人質疑への招致についても、今後は見送られる可能性が高そうです。その一方で個人の資格で行う講演会や大学講師の仕事には影響は少ないはず。弁護士業務ですか? そちらにはほとんど影響ないでしょう」

 気が早い向きからは「懲戒処分だ!」との声も飛ぶが、業務とは関係のない不貞を理由に弁護士が処分を受けた例はないという。その意味では、今後の身の振り方、やがて訪れる選挙への影響などが懸念される山尾氏に比べると、倉持氏が失うものは大きくないとは言えそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!